ADDに関連する0.03と言う割合

ADDに関連する0.03と言う割合

スポンサーリンク

ADDである子の人数

ADDはADHDのうち不注意優先型のタイプになります。

 

世界規模で行われた調査では、小学校から中学校までの子供において3から7%が該当すると言う結果が出ています。文部科学省による全国調査でも約3%がADHDである疑いがあるとされています。3%、すなわち0.03と言う数値は100人に3人の割合であり、ひとクラスに1名程度疑わしい子がいることになります。

 

そのうちADDである子は、もう少し低い割合になります。

 

ADHDのうち生活に支障の出る多動性の子供と違って、顕著な違いがないため自分で改善することができない状況で行動を責められる日々が続く恐れがあります。本人にとっては辛い日々が続くことになります。

 

早く気がついてあげることでトレーニングや周りの理解を得ながら生活影響が出ないようにすることができます。

 

大人のADDの割合

子供において0.03の割合とされるADHDですが、ADDに関しては生活に障害が出るほどのトラブルがないまま大人になることが考えられます。誰もが体験する注意の欠如やミスは社会に出てからは他人との比較がされることがないため、はっきりと判別されることはありません。

 

ただ、個人的に他人と比べて多いかもしれないと気にし始めることでADDではないかと考えるようになります。

 

大人におけるADDは子供に比べて少ないと思われていますが、その根拠となるような調査は行われていないため未知数です。自覚することで周りに理解してもらったり、社会生活に支障が出ないようなトレーニングをすることで精神的な不安は減らすことができます。

 

疑わしい状況で悩むよりは、早めに医療機関で医師の診察を受けてみる方が良い結果が得られるはずです。

スポンサーリンク