ADDは睡眠障害の原因にもなる

ADDは睡眠障害の原因にもなる

スポンサーリンク

ADDと睡眠障害

ADDは脳内の神経伝達物質の分泌サイクルが人と異なることによって起こります。基本的には通常時は分泌量が不足していてボーっとしているように周囲からは見えます。しかし、逆に活性化する場合もあります。特定のことをしたときの分泌量が人よりも多いため、覚醒したような状態になりがちです。これが原因で興奮状態が収まらず睡眠障害を引き起こす可能性もあるのです。

 

しかし、これはコントロール可能です。脳の仕組みや神経伝達物質を物理的にコントロールすることは投薬治療をしなければならないのですが、集中力のサイクルや趣味嗜好のコントロールは可能で、睡眠のサイクルを適正に作っていくことができます。

 

運動、食事、読書、などの精神的な活動や肉体的な活動をバランスよくやっていき、疲れさせていくことで睡眠できます。

 

ADDからくる睡眠障害の解決法は一通りではない

ADDが原因となって睡眠障害を引き起こすこともありますが、それは寝るべきタイミングでドーパミンやエンドルフィンが活性化して脳が興奮状態になっているからです。これを解消するには、きちんと日中に脳を活性化させておくことでしょう。スポーツでも分泌を促すことが可能ですし、仕事や精神的な活動でも自分なりの目標や楽しみをもって集中していくことで可能になっていきます。

 

要するに、精神的に満たされる対象があり、それに対して日中打ち込むことで十分に脳を使っておくことで睡眠できるということです。原始的かつもっとも簡単な方法は、人間のその他の食や性の欲求を満たすことで、スポーツも肉体に負荷を掛けてエンドルフィンの放出を促すのでそれに近いです。勉強や読書は神経伝達物質の観点ではそれよりはレベルが上です。

スポンサーリンク