ADDは二次障害や精神疾患に結びつく

ADDは二次障害や精神疾患に結びつく

スポンサーリンク

ADDはさらなる精神トラブルを引き起こす可能性がある

ADDは単純に注意力散漫であったり、過集中のあるものなのですが、ここから別の二次障害や精神疾患に結びつく可能性が高いです。これは、脳の機能上そうなっているという話ではなく、自分の特性をうまくコントロールしきれていないせいで、精神的に病んでしまうという状況です。

 

仕事などで忙しくなったときに特にこのような状況が多いです。ADDの人は集中できる対象にムラがあるため、仕事でもできることとできないことの落差があったり、物事を順序立てて考えるのが苦手なために、仕事をやり忘れたりすることが多いでしょう。

 

これらのことは自分で知っており、気を付けていくことで解決可能です。気を付けるといっても、その都度というのは不可能なので、あらかじめポイントを抑えておくようなイメージです。

 

ADDが引き起こす恐怖

ADD自体は脳の特性ですが、そのせいで現代社会に馴染めないことは本人にとって非常に大きなストレスになります。なので、早いうちに自分の得意不得意を把握し、それへの対処を考えていくことです。その対処がうまくいき、活躍できることによって二次障害や精神疾患に陥ることを防げます。

 

基本的に重要なのは弱点の克服と強みのさらなる強化で、この二つには過去の先人たちが築き上げてきた知恵を適用することで解決していくことが可能になります。まず弱点の克服ですが、ADDの弱点とは周囲への気配りが足りていないことやコミュニケーションが苦手ということが多いです。これに関しては本やネットで良い感じのやり方が書かれているので、それを参考に学んでいくと良いです。実践も重要ですが、先人の知恵を学んでいきましょう。

スポンサーリンク