ADDの特性と肺炎の発症リスクについて

ADDの特性と肺炎の発症リスクについて

スポンサーリンク

肺炎は未だに日本人の多くが苦しめられている病気

医学と科学が発展した今日においても、発症しやすい病気であり、老若男女問わず感染します。

 

また体力が弱っている方、生まれつき免疫力が低い方、高齢の方は特に命に掛かるレベルまで重症化しやすく、肺炎を楽観視するのは少々危険です。

 

早期発見と早期治療が大事であり、身体に違和感を覚えた時は直ちに専門家の判断を仰ぎましょう。

 

そして、ADDの人々は感染症を患いやすい、との指摘があります。

 

発達障害者だから感染症の発症リスクが高いとの医学的根拠は未だにありませんが、ADDの特性が関連している恐れは捨てきれません。

 

例えばADDの人々は片付けが苦手です。洗濯物や洗い物を自宅内で放置しやすく、衛生環境の維持もまた苦手です。

 

感染症予防の基本である自宅内を綺麗に保つという事がADDの人々は不得手であり、直接的な原因ではないものの、世間において病気が流行り始めると、その感染リスクが普通の人々より上がる恐れは高いです。

 

ちょっとした工夫で肺炎のリスク対策を

ADDだから肺炎になりやすいと結論付けるのは早計ですが、その遠因である衛生環境の悪化を招きやすい側面がありますので、発達障害者の人々は感染症予防のためにも、整理整頓の習慣を工夫してライフスタイルに取り入れたいところです。

 

ADDの人々は特性によって、ワーキングメモリの働きが不安定であり、単発的な行動が多くなりがちです。脱いだ服を放置しやすい、手洗いやうがいを忘れやすい、ゴミ捨てを忘れやすく自宅内に不衛生な物が溜まりやすい等の問題が生じます。

 

それらは感染症の発症リスクになりますので、自宅の目につくところに付箋を貼る、自分の行動範囲に警告の張り紙を貼る、動線に捨てなければいけないゴミ袋を置き、絶対に忘れないように工夫すれば、冬場や梅雨時といった病気になりやすい季節でも上手く衛生管理が進められます。

スポンサーリンク