ADDは冷静な対応を心掛ける

ADDは冷静な対応を心掛ける

スポンサーリンク

ADDの行動パターン

ADDは通常時脳の神経伝達物質の量が少ないので、刺激を与えたがります。そのため何かに没頭し、脳をフル稼働させることが好きなのです。これは脳とは限らず、肉体的な性やアルコールなどの依存になっていく場合も多いです。むしろ簡単にできる分その方が多いでしょう。

 

ここで重要なのは、集中する対象を冷静に見極め、冷静に対応していくことです。ギャンブルやタバコにはまってもあまりメリットがないので、読書や仕事にはまる方が良いでしょう。しかし、これは意識的にやっていかなければ、性や食べ物などの楽な方に人は流れます。これはADDの性質というよりは人間の性質です。実は勉強でも中毒になることはできるのですが、そこに持っていくまでに苦労が付いて回ります。読書や勉強はそれを中毒化させるまでが大変です。

 

ADDの学習法

ADDは学習依存を作り出すのもやりやすいです。仕事にはまるワーカホリックが多いように高学歴も案外多いです。それははまりやすい性質をうまく活かすことに成功したということです。このことは自信が自覚し、性質を上手く活かすためのサイクル作りに力を入れていくと良いです。

 

そのためには冷静な対応が不可欠で、テンションだけで生きていってはいけません。ADDの人は刺激が大好きで何も考えないと楽で刺激が手に入るものに依存しがちですが、少し我慢し、精神性の高いものにその特性を持っていけば最強になれます。

 

また、いくら良いものであってもそればかりに特化するとあらぬところで問題を起こします。たとえば、勉強はできるけど仕事がまったくできない場合などは、一点に集中するだけで周りを見れない場合が多いです。これは意識して改善可能です。

スポンサーリンク