ADDへの日本での現状とは

ADDへの日本での現状とは

スポンサーリンク

日本でのADDの認識

ADDというもの自体は認識されており、その症状もだいたい知っている人が多いのが現状でしょう。しかし、世界各国と比べると、その違いを認めるという発想は薄めです。これには労働のあり方や価値観がわりと関係しており、世界的には役割分担や一人ひとり違って当たり前という概念が根付いています。しかし、日本ではまだまだ見んが同じで同じ方向を向いているという前提があります。

 

そのため会社員なんかでも単純比較で優劣を付けたがります。アメリカなどでは組織の中での役割が違うことが前提となっているため、このような運動会のかけっこのような比較の仕方はあまりしません。

 

特に年配の人はこの傾向が強く、ADDへの理解も悪いでしょう。過集中で上位の機嫌取りのようなことも苦手な可能性が高いため、社会で損をしがちになります。

 

ADDの生き方

上述の通り、周囲に合わせたりコミュニケーションを円滑に取ることがあまり得意でない人が多いです。そのため、生きる道を探し、そこに合わせたアプローチが重要です。とはいうものの、まったく人に合わせずに自分の好きなことだけやるというのは社会的な動物とは言えないので、本やネットで気配りのやり方やコミュニケーションの適切なやり方を調べておくと良いです。感覚にだけ頼っている人よりも案外高いレベルでやっていけるようになります。

 

現状の日本では社会的な行動にいろいろと見えない道徳のようなものが多いので、調べて知っておくと良いです。不注意の影響で失敗するかもしれませんが、網羅的に文化を知っておくことで、うまく社会でもやっていけます。

 

そして、やはり過集中の特性は仕事や勉強に向けて活かすべきと言えるでしょう。

スポンサーリンク