ADDの人の金銭管理、スケジュール管理について

ADDの人の金銭管理、スケジュール管理について

スポンサーリンク

ADDの特徴としてスケジュール管理や金銭管理することが難しいことなどがある

ADDの特徴は、集中力が続かない、先のことを計画できないなどがあります。

 

こういったADDの兆候は子どものころから見られるものです。忘れ物が多かったり、授業に集中できなかったり、友達とのコミュケーションがうまくいかなかったり、協調性がないということで問題児扱いをされてしまうことも多いのです。子どもだから、という許容範囲で収まらないことが多いのです。

 

親や周りの人たちはそれによって振り回されてしまうことも少なくありません。他の子と違うことが多かったら早めの診察が必要です。そしてそれを理解して対応することが必要です。それでも、それを完全に治すことは難しく、大人になってからも先のことを管理する能力が欠けていて、うまく適応できないことは多々あります。

 

ADDの人は環境次第で秀でた才能を発揮できる

社会に出ると絶対的に必要なのが、スケジュール管理と金銭管理です。先の予定を立てながら仕事や生活を行っていく、金銭の出入を把握して計画的に使っていくことは大人として、一人の人間として大事な要素です。

 

ですが、ADDの人はそれがうまくできないこともあり、仕事によっては周りに迷惑をかけてしまうことも多いのです。そして、家庭でも結婚相手や子どもがそのことで生活がうまく回らない原因にもなってしまうこともあります。特に興味のない事には脳が全く作動しないような状態になってしまうのです。

 

しかし、ADDは奏でた才能を持っていることも多いのが特徴です。興味のあることに対する才能の開花は素晴らしいものがあるので、そういった方向で仕事をすることで能力が生かされます。

 

ADDの人は、能力を発揮できる環境を見つけることで、才能を伸ばすことで達成感が生まれ、その他に対する意欲ややる気が引き出せます。

スポンサーリンク