ADDの男女は計画を立てたり細かい準備が苦手

ADDの男女は計画を立てたり細かい準備が苦手

スポンサーリンク

ADDを抱える男女は計画を立てて準備するのが得意ではない

発達障害の一種であるADD、それには色々な症状が見られますが、最も日常生活を過ごす上で障害となってしまうのは、物事を順序立てて計画を練るのが不得手、という部分でしょう。

 

この症状を抱えている事によって、ADDの男女は宿題が提出日までに出来なかったり、人から頼まれたお願い事を期日まで達成出来ません。世間の人々がスケジュール管理に使うTODOリスクやスケジュール手帳やカレンダー等も、ADDの男女は上手く利用する事が出来ず、宿題や用事も気分が乗った時にまとめて取り掛かる、といった生活が日常化してしまっています。

 

それが成功する事も多いですが、常に「夏休み最後の日」のような状態で宿題や仕事の作業をまとめて進めるため、途中でミスが頻発したり、期日までに仕上がらない等、社会的評価を自ら下げてしまう行動が発達障害によって出てしまいます。

 

工夫次第で計画的な行動も可能に

ただ、絶対にADDの人々が締め切りや約束事を守れない、という事はありません。

 

元々発達障害の男女は真面目で勤勉、そして何より優しい方ばかりです。

 

発達障害と名前が付いている通り、大抵の男女は艱難辛苦を乗り越えていく過程、あくまで我流ではありますが計画の立て方と締切の守り方を体当たりで体得していきます。

 

子供の頃は苦手だったスケジュールの管理も、文房具やタブレットを活用する事で上手く使いこなせるようになる男女もいます。

 

また最近ではデジタル機器のアラーム機能やカレンダーアプリが使いやすくなった事や準備に必要な物をメモアプリに永久保存出来るようなったため、ADDの男女がより社会生活を過ごしやすくなった、との指摘もあり、その工夫はADD向けのライフハックの定番です。

 

またADDの方は、一度スイッチが入ると、健常者の2倍から3倍の速度で作業を進めてしまいます。

 

工夫次第で、予定していた締め切りよりも随分早く仕事が終わるようにもなります。

スポンサーリンク