ペアレントトレーニングによるADDとの関わり方

ペアレントトレーニングによるADDとの関わり方

スポンサーリンク

ADDは勘違いされやすい

子供の頃、いくら注意しても良くならないと怒られていた人はADDだったかもしれません。注意欠陥障害とされるその症状は、集中が続かずにすぐに飽きてしまったり、ミスしてしまったりするような行動です。

 

子供なら誰でもありそうですから、なかなか見極めることができません。場合によっては、やる気がないや態度が悪いなどの理由から怒られてしまうこともあります。でも、本人ですら自覚することは難しく、改善することは難しいとされています。そのため、周りにいる大人のサポートが不可欠とされています。

 

どのような症状かを理解して、関わり方を変えることで精神的な負担を減らして生活を改善することができます。本人が社会になじむように行うソーシャルスキルトレーニングや親の関わり方を変えるペアレントトレーニングがあります。

 

親の理解が大切

親は自分の子供は、周りの子と比べてどうかという目線で評価をしてしまうことが多くあります。ADDの場合、落ち着きがないことやミスが多いことが目立つため、ついつい怒ってしまうことがあります。規律を正して、しっかりさせることで改善しようとしてもうまくいかないため、さらに怒ってしまいます。原因が異なるため、いつまでたっても変わらないためお互い疲弊していまいます。

 

本当に必要なことは注意の仕方、アドバイスの仕方、褒め方を理解して、関わり方を変えることで精神的に落ち着き生活を改善することができます。親がペアレントトレーニングを受けることで、子供に対して療育的な訓練を行えるようになります。叱りつけるのではなく、よりよくしつけることで、どう生きていけば良いかを教えてあげることができます。親が良き理解者として振る舞うことが改善への近道です。

スポンサーリンク