メモと紙でADDの人々にも上手く指示が伝達

メモと紙でADDの人々にも上手く指示が伝達

スポンサーリンク

ADDの人々は、ワーキングメモリーの働きが普通の人々より先天的に弱い

ワーキングメモリーとは短期記憶に関連した脳の機能であり、例えば人が口頭で言われた電話番号などを難なく記憶出来るのは、この機能がバックグラウンドで働いているおかげです。

 

電話番号の文字数は丁度一般的な男女がとっさに短期記憶出来る量になっており、また短期と頭につく通り、必要な時だけ脳に保存され、情報の重要度が下がったと分かり次第、自然と記憶からは喪失し、再び別の情報が脳内にインプット出来る体制を自然と構築します。

 

ADDの人々は何より短期記憶が苦手です。特に口頭で指示を出されると、話の内容がとっさに理解出来ず、誤った解釈になる恐れが高いです。

 

ADDの人々は聴覚と脳だけで情報処理と記憶するのが身体的なハンディキャップによって難しく、周囲の人々は指示をお使いを頼む時は、意図をメモした紙を手渡すのが効果的です。

 

周囲の人々は手書きのメモを工夫し、上手くコミュニケーションを

ADDの人々は物事への集中力が健常者よりも低いのが実情で、口頭で指示を出すと、本人は非常に真面目に内容を理解しようと頑張っても、いわゆる言葉を聞き入れる事に一生懸命になってしまいやすく、肝心の意図が上手く伝わらない結果になりがちです。

 

また短期記憶を司るワーキングメモリーの働きが鈍いため、本人が一度しっかりと記憶したと思った内容も、時間が数分経過する事ですっきり脳から消えてしまいます。

 

ADDの人々に正しく意図を伝えたいなら、手書きのメモを作成するのがベストです。

 

「人参一つ、ピーマン二つ、お茶四つ、コンビニで買ってきてね」等と、お使いを頼む時は紙に意図を手書きして手渡せば、彼らの弱点である短期記憶の低さと集中力の問題が避けられます。また絵心に自信がある方なら頼み事の内容といっしょに絵文字を紙に書き入れれば、ADDの人々が得意な視覚的な記憶と理解に訴える事ができ、効果的に指示が伝わります。

スポンサーリンク