ADDには具体的な指示を出す

ADDには具体的な指示を出す

スポンサーリンク

ADDの会話

ADDの人と話す際には、なるべく具体的に言った方が良いです。一概には言えませんが、察するということにあまり関心がないパターンも多いでしょう。そもそも会話自体に興味がなく、指示を聞いていないという可能性もあります。これはADDの人に限ったことではなく、それ以外にもそういう人はいるでしょうが、自分の興味のあることにだけ集中する傾向があるため、それ以外のことを最短でやりたがります。

 

なので、仕事での会話はなるべくわかりやすく簡潔にしていく必要があります。ADDの人自身は、相手の話を聞いたり、一方的に自分だけが話さないことに気を付ける必要があります。これは意識的にやっていかなければ、何回人と会話しても同じ結果になります。ある程度のレベルまでは会話をこなしてうまくなるでしょうが、一定以上は意識の問題です。

 

ADDの会話力

会話力に関しては、ADDの人でなくても悩んでいる人は多いでしょうし、また高めていきたいと考えている人がほとんどです。

 

何をもって会話力なのかも明確ではないでしょうし、相手によって変わってきたりもします。しかし、一定の法則は存在し、たとえば多くの人は話を聞いているよりも話してそれに反応してもらうことを好みます。そうはいっても信用できない相手には話したくないので、その場合には相手に話してほしい、などいろいろな要望があるでしょう。それらを探って場に応じて臨機応変にやるには意識とトレーニングが必要です。

 

また仕事においてもこれらの話は共通で、指示を具体的に出せるか、そのタイミングは適切か、言われた方はその内容を理解できているのかなどの要素があります。

 

大まかに言ってしまえばバランスの問題です。

スポンサーリンク