ADDの学生は就職活動の前に適職診断を受けておく

ADDの学生は就職活動の前に適職診断を受けておく

スポンサーリンク

ADDの人々は社会人として成功しにくい?

発達障害を抱える人々は正社員として雇用されない等の意見がありますが、それは誤った見方です。

 

実際に世間では多くのADDの人々が普通に就職をしています。ただ、一昔前に比べて経済事情が悪くなっています。また日本は世界的にもまれに見る新卒一括採用という、かなり奇抜な雇用方式を採用しています。

 

大学生や高校生とて就職活動をするまでに、ADDの特徴を理解し、当人がその強みに気づき、また不向きな業界をあえてスルーする胆力を身に着けておくが大事です。

 

現実問題としてADDの学生は得意な事と全く苦手な事が普通の若者より色濃く分かれていますので、就活の時期が訪れる前から、適職診断の専門サービスを活用し、適切な業界に絞り、面接を受けにいった方が本人のためになります。また大企業には、発達障害者向けの特別な雇用枠もあり、それを利用してみるのも一つの手段です。

 

発達障害特有のメリットを活かして就職先を模索する事が大事

適職診断を受ける事も重要ですが、ADDの人々は子供の頃から好き嫌いが非常にハッキリしている人々が多く、いわゆる普通の人々だと難しい「趣味を極めて仕事にする」という事が案外可能な人々です。

 

むしろ、ADDの特性とはミスマッチな大企業のサラリーマンとして勤務する事は残念ながら、適正が低く仮に就職出来たとしても、環境に合わない暮らしが続くため、早々に離職する恐れがあります。

 

実際に努力家のADDの学生は頑張って自らの特性を抑制した上で就活に尽力し、公務員や大企業のサラリーマンになる事は可能ですが、それらの業界では注意力や暗記力が非常に高いレベルで求められるため、ケアルスミスがどうしても普通の人々より多いADDの人々は評価が伸び悩み、本人にとって辛いキャリアになります。

 

反対に発達障害特有のメリットを活かせる芸術やスポーツの分野に進めば、本人の趣味がそのまま仕事になり、心身プラス経済的に健康的な将来が送れます。

スポンサーリンク