ADDの習い事に武術は最適

ADDの習い事に武術は最適

スポンサーリンク

ADDの習い事

最近は子供のうちからADDということが分かってもらえる場合が多いですが、その場合にどう対処するのかが重要です。基本的には能力的に問題があるわけではなく、脳の覚醒サイクルに問題があります。脳の神経伝達物質のコントロールができればよいのです。

 

普段覚醒レベルが低いせいで細かいミスを繰り返し、逆に特定の状況で脳が活性化するからその行動に依存することも多いです。覚醒レベルの低さは意識的に注意するようにし、逆に覚醒し過ぎることに関しては、暴走の危険性があります。その方向性が建設的なものであれば良いのですが、そうではなく身を亡ぼすタイプのもののこともあります。

 

そうならないためには習い事も武術なんかが良いのではないでしょうか。武術なんかはエネルギーを発散していけますし、集中することで高いパフォーマンスを発揮できます。

 

ADDとスポーツ

ADDはスポーツに向いていると言えます。特に個人競技には最適でしょう。一つのことにか集中する性質も持ち合わせているので、武術なんかだとトレーニングに人一倍精を出すこともあります。

 

ちなみにADDは病気というよりは性質のようなもので、どこからがそれに当てはまるといった明確な基準は存在しません。また脳科学的な裏付けは一応あるものの、あくまでもカウンセリングなどから判断することがほとんどです。なので、そのような傾向があるから気を付けるということになります。

 

誰にでも集中して周りが見えなくなったり、なくしものをしたりということはあるでしょうが、その性質が強いと思っておけば間違いないです。そして、アスリートにもそのタイプが多いのはテレビなどを見ていてもわかるはずです。

 

子供のころからの習い事のスポーツにか集中してオリンピックに出たりします。

スポンサーリンク