障害者総合支援法の施行や自治体による就労継続支援で進むADD支援

障害者総合支援法の施行や自治体による就労継続支援で進むADD支援

スポンサーリンク

ADDの人々は、正社員として社会進出するのが困難だと言われている

確かに物事を管理するのが苦手、コミュニケーションを円滑に交わすのが難しい、集中力が散漫で継続的な作業が不得手等、いささか社会人として生きる上でのハンディがあります。しかし、今ではようやく公による支援がスタートしてきており、障害者総合支援法が施行され、ADDの悩む成人男女の就労継続支援が細かく実施されており、本人の努力次第で健常者と大差なく、立派に正社員登用してもらえます。

 

企業によっては積極的に発達障害者を雇用する事もあり、障害者の雇用の促進等に関する法律が制定された結果、一昔前に見られたADDの成人男女の貧困や社会的弱者の固定化は、かなり改善されてきました。

 

ADDを題材にした映画や漫画作品なども世間で注目を集めており、まだまだ十分ではありますが、かつての世間で見られた発達障害者への偏見はかなり改善され、その特性をむしろ活かそうとする企業が増えつつあります。

 

障害者総合支援法によって、様々な就労継続支援が自治体レベルでスタート

発達障害者を施設に集めて就職活動をサポートするサービスもあれば、ADDが原因で発症した精神疾患の治療費を一部助成してくれるサービス等も存在します。

 

ADDの人々は一見すると世間の人々から障害者と見なされない難しい問題を抱えていますが、自治体で障害者である事を示す証明書を受け取れば、各機関で補助や助成が受けられますし、円滑に就労継続支援のサービスが利用可能となります。

 

ただ、現実問題として自治体が進めるADDのサポートは、町単位でピンきりです。

 

意外に思われるかもしれませんが、大阪府は全国的にも障害者総合支援法に対する理解が良く、ADDの人々に対する手厚いサポートが多数設けられています。

 

故郷で就職活動をする事が一番ですが、自治体からの手厚いサポートを得た方が将来的にも有利ですので、思い切って引っ越ししてみるのも良い決断です。

スポンサーリンク