ADDは地域の保健センターでアドバイスでもらいましょう

ADDは地域の保健センターでアドバイスでもらいましょう

スポンサーリンク

「ADDかも」と思ったら地域の保健センターに行ってみましょう

ADDかどうかは非常に分かりにくい部分があります。ADHDであれば、授業中椅子に座っておけない、順番が待てないなど、行動で分かる部分もありますが、ADDはそれらの分かりやすい行動が表立って現れることがあまりありません。注意散漫であったり、不注意が人より多いですが、外見や行動で分かることは少ない分、発覚が遅れることがよくあります。

 

しかし、人より注意散漫であったり、不注意であるために、人と同じような成果をあげることができず、頑張ってやり遂げようとしても、ミスが多いため、周りの人に「頑張っていない」と思われ、それが原因で自信を失ってしまうこともよくあります。本人が悩んでいるようでしたら、まずは地域の保健センターで相談し、アドバイスをもらいましょう。

 

ADDは地域の保健センターで相談することで、今までよりも生活しやすくなるよう情報を集めることができる

ADDは外見や行動ではわからないため、自分や周りが気が付かないまま、大人になる人たちも大勢います。努力してもミスが多かったり、物事をやり遂げることが難しかったりするので、日常生活で人として怠惰であるというレッテルを貼られ苦しむことがよくあります。

 

本人にとっても、それらのことは大変な負担であるため、二次障害であるうつなど精神的にダメージをうけることもよくあります。

 

ADDかもしれないと思ったときには、まずは地域の保健センターに相談にいき、専門家にみてもらいましょう。もし、診断された場合は、これからの生活ができるだけ負担なく過ごせるアドバイスをもらうことができます。自分の苦手な部分をどのようにカバーしていけば良いのかを理解することで、生きやすくなります。

 

仕事もですが、合った仕事を選択できれば、障害がない人たちと同じように働くことができます。不安要素が減らすためにも、一歩を踏み出しましょう。

スポンサーリンク