小児精神科でADDと診断されたら発達障害者支援センターへ

小児精神科でADDと診断されたら発達障害者支援センターへ

スポンサーリンク

小児精神科でADDと診断されたら、発達障害者支援センターへ相談

ADDは注意欠損障害といい、幼児期からその兆候が見られます。子どもは純粋無垢で思うように行動しますが、様々な経験の中から協調性や持続性、計画性などを学び人間社会の中で順応していく力をつけていきます。それがADDの子どもは先のことを見越しての行動が出来ない、忘れ物が多い、興味のない事を覚える力が弱いなどの症状が出ます。

 

成長には個人差があるものですが、周りの子どもたちに比べておかしいと思ったら早めに小児精神科での診断が必要です。他の子と同じようなことを要求することは、その子にとってとても苦痛であり、周りも大変な思いをします。ADDと診断されたらそれなりの対応策があります。専門的視点からの対応策で、その子が安心して生活していけることにつながるのです。

 

発達障害者支援センターの活用による効用

ADDは、一見しただけではその特性や苦労がわかりにくく、親の育て方や本人の怠惰のせいにされがちです。それが本人や親が苦しむ原因になります。そして、一口にADDといってもそれぞれが抱える困難や、個性、能力が違うため、その子にあった理解と支援が必要になります。

 

小児精神科でADDの診断が出たら、発達障害者支援センターでのアドバイスやサポートがとても大きなものになります。その子がその子らしく、充実した生活を送れるように保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関と連携しながら支援してもらえます。それにより、本人はもとより、大人や周りの人たちの負担も軽減されます。

 

発達障害者支援センターの活用により、ADDの理解を深め、地域との連携でその子どもも周りの人たちも安心して生活できる環境を作り出すことができるのです。

スポンサーリンク