ノルエピネフリンを増やすADDの非中枢神経刺激薬

ノルエピネフリンを増やすADDの非中枢神経刺激薬

スポンサーリンク

ADDの原因とされている前頭葉の働き

ADD(注意欠陥障害)は、注意力が持続せず行動においてミスが多く見られる障害を言います。行動だけを見ているとやる気がないと勘違いされることがあります。しかし、性格や習慣などが原因ではありません。

 

はっきりとしたことが解明されているわけではありませんが、脳の前頭葉の機能の低下が原因ではないかと言われています。前頭葉が正常に機能するにはノルエピネフリンが必要になります。その量が十分でない場合、神経から神経へ信号を送る役目をする神経伝達物質が機能しなくなります。

 

神経伝達物質が不足すると考えることに集中することができない状態になります。この症状は訓練などで著しく改善されることはありません。

 

中枢神経刺激薬や非中枢神経刺激薬などの医薬品を使うことで前頭葉の機能を向上することが可能です。

 

非中枢神経刺激薬による効能効果

ADDには2種類の治療薬があります。中枢神経刺激薬は、神経伝達物質であるドーパミンのレベルを高めます。神経伝達物質を直接高めることで集中力を引き出して症状を改善します。副作用として、イライラしたり、不眠や頭痛などの生活障害があります。

 

もう一種類の非中枢神経刺激薬は、ノルエピネフリンの量を増やす効能がある治療薬です。

 

ノルエピネフリンは、ストレスが溜まった時に副腎から分泌されて、落ち着かせる効果があります。分泌されたうちで使われなかった分を再利用することで量を増やすことで神経伝達に十分な量を確保します。そのため、注意力を持続することができて、症状が改善します。便秘や疲労感などの副作用が認められますが、中枢神経刺激薬のように生活障害になるほどではありません。抗うつ剤としても利用されています。

スポンサーリンク