ADDには中枢神経刺激薬でドーパミンの分泌を

ADDには中枢神経刺激薬でドーパミンの分泌を

スポンサーリンク

ADDの原因

ADDの原因は脳の神経伝達物質の数値が低いことです。特定の条件下では活性化するのですが、普段の生活で数値が低いためにボーっとしているように周囲からは見えたりします。実際に忘れ物をしたり、話をちゃんと聞いていなかったりということが多いです。そして、この状況を改善する方法には中枢神経刺激薬でドーパミンを刺激する方法もあります。

 

本来ならば、外部化の投薬ではなく内部でコントロール術をもつことがベストなのですが、そのサイクルを作るには本人の努力と時間がかかります。現状に苦しんでいるのであれば投薬も良いでしょう。このような投薬治療を行いながらも、自力でコントロールしていくことが重要です。

 

また自分を知ることも大切です。どこで集中力が切れるのか、人と何が違うのかということを考えながら行動します。

 

自分を律すればADDも大丈夫

中枢神経刺激薬でドーパミンを外部から刺激することは可能なのですが、できれば自力でコントロールした方が良いということを上述しました。しかし、もちろん自力でコントロールできるのがベストですし、投薬をしていても自力でコントロールしていくことは必須です。そのためには自分の性質をしっていき、脳の構造上どうすれば弱点を克服し、強みを伸ばしていけるのかを考えるのです。

 

脳の構造というのは、どのタイミングで脳内の神経伝達物質が分泌されるのかということです。そして、不注意は起こるメカニズムは脳の覚醒レベルが普段低いからです。このようなことを一つ一つ知っていき、逆に得意な集中力を有意義な方向に向けていきます。この有意義な方向と言うのは重要で、ADDの人は快楽にもおぼれやすいのです。ここは気を付けましょう。

スポンサーリンク