ADDの行動マネージメントと治療方法

ADDの行動マネージメントと治療方法

スポンサーリンク

ADDは行動マネージメントが最重要

基本的にADDというのは明確な基準はなく、そのようにカテゴライズしておいてその人たちを救済していくためのものです。たしかに実社会で問題行動の目立つ体質の人たちなのですが、うまく活用すれば高いパフォーマンスを発する可能性はあるのです。

 

そして、そのために重要な治療方法は行動マネージメントです。自分の行動をコントロールしていくということで、過集中の性質を建設的な方向に向け、そして周囲への気配りやコミュニケーションも人に嫌がられないようにやっていくということです。

 

具体的な方法は、過集中は知的かつ自分にとってプラスになるものが良いでしょう。肉体的な単純快楽を求める方向に過集中すると結果的に時間と労力の無駄になります。高い集中と依存を発揮するので方向性が重要と言えるでしょう。

 

ADDの治療方法

ADDに対して投薬治療を行っていくことは可能なのですが、あまり推奨はされていません。どちらかというと行動マネージメントが重要です。自分の欲求や注意力不足をどう解消していくのかという話で、これは最重要課題です。

 

まず集中力を発揮するのは仕事、読書、投資、などの何かしら自分の能力や結果に結びつくものがベストでしょう。逆に肉体的な単純快楽ははまるとまずいものです。

 

ADDの人は単純欲求にもはまる傾向があり、それはストレス耐性の低さや過集中が簡単に満たされる方向に向かう人間の本能です。しかし、ここを我慢して、精神的で知的な活動に向けることができたなら、自分にとってもプラスになり、また高いレベルで脳内の神経伝達物質の分泌を継続させることもできます。

 

周囲への気配りやコミュニケーションのやりかたは本やネットでも調べることが可能です。

スポンサーリンク