ADDの薬剤療法などの治療方法は

ADDの薬剤療法などの治療方法は

スポンサーリンク

ADDの治療方法

ADDの原因は脳内の神経伝達物質の不足ですが、特定の条件下ではむしろ活性化します。その対象を自分にとってプラスになるものにコントロールし、あとは周囲への配慮とコミュニケーションで相手の考えを学んだりすることです。基本的には薬剤療法で脳内の神経伝達物質の活性化を図ろうとするのはあまりおすすめされていません。

 

たしかに日常生活で気を付けなければ肝心な場面で寝ている状態だったりするのですが、逆に自分の関心事には強いというメリットもあります。これを活かしていくのは良いことです。具体的な方法は、集中の対象を自分にとってメリットのあるものにしてください。単純な肉体的な快楽などに集中してしまう場合も多いのですが、これは短絡的で低いレベルになりがちです。また生産的でもないので、能力アップできるものが良いです。

 

ADDの薬剤療法

ADDの治療方法を考えている人は多いかもしれませんが、この症状は実は厳密な基準はありません。医師がカウンセリングの結果から患者をカテゴライズしているだけで、現実にそういった症状で困っている人が多いからそれをまとめているのです。そして、過去に同じような症状だった人はこのように解決していましたよ、というのを指示します。

 

それにそのまま従うかは別にして、基本的には過集中の性質は最大限生かした方が良いでしょう。この能力は仕事や能力アップに最適です。何事も中途半端にやることも重要なので、世間的な気配りやコミュニケーションもある程度やっておきましょう。これは経験し、意識して最適解を本やネットで先人から学びやっておくと良いです。

 

そして、自分のやりたい分野にまっしぐらにやっていくだけです。これで成功です。

スポンサーリンク