心療内科の診療内容にはADD等の発達障害が含まれている事も

心療内科の診療内容にはADD等の発達障害が含まれている事も

スポンサーリンク

心療内科はストレスに悩むサラリーマンや女性が通うクリニック

最近では日本人の間でもメンタルに不安を抱える人々が急増しており、うつ病などの病名が世間一般で普通に使われ始めています。かつては経済的にも豊かで、また良し悪しは別として家制度が機能していた日本の国では、精神を酷く病む一般人はとても稀有でした。

 

しかし、今では普通の若者がうつ病で過労死し、それがニュースにも殆どならない程の異常事態です。心療内科は基本的にうつ病等のメンタルケアとカウンセリングが診療内容となりますが、最近では発達障害が含まれているクリニックもあります。

 

ADDは精神障害ではありませんが、日本国内では発達障害専門のクリニックはまだ無く、現実的には一部の有能な心療内科の先生が、ADDに悩む人々のケアを心療内科の中で引き受けています。

 

ADDの特徴を端的に言えば、ミスが非常に多い性格

脳のバランスが普通の人々はやや異なり、注意力が本人の意図とは別にかなり低く、また常時集中力が散漫になっているため、書類の中で誤字脱字が多かったり、仕事の中で計算ミスが日常茶飯事、人の話を正しく聞き取る事が苦手等、職場では冷遇されやすい欠点を、ADDの成人男女は持っています。
特に最近のデスクワークはIT化されており、僅かなミスが組織全体の問題に繋がりますので、ADDの人々にはより過酷な労働環境になりました。

 

発達障害に気づかぬまま無理して職場に、過剰適応しようとする成人男女も多いです。

 

しかし、発達障害の人々が過剰適応を試みると、ほぼ例外なくうつ病になります。

 

心療内科にうつ病の診断を目的に訪れ、そこで実は自分のミスの根底に発達障害が隠れていたと驚く人々も多いです。

 

診療内容に発達障害が含まれているクリニックなら先生の見る目が鋭く、単なるうつ病と発達障害の人々が頑張りすぎた結果、うつ病になってしまった事例とを上手く識別してくれます。

スポンサーリンク