ADDに気づくきっかけとはなにか

ADDに気づくきっかけとはなにか

スポンサーリンク

ADDに気づく方法

最近はADDがどんどん認知されていっているので、案外子どものうちは周りが気付いたりします。大人になってから気付くパターンもあるでしょうが、それは自分で困って診断を受けに行くことが多いです。きっかけは仕事で困ることがほとんどでしょう。

 

実際のところそれで困ることがなければそれで良いようなものではあります。しかし、自分がまったく気にしていないだけで周囲が迷惑している可能性は十分にあります。これは気にし過ぎても良くないのですが、気にしなさ過ぎて独りよがりになってしまうと良くないです。

 

これを防ぐためには、自己分析とそれを反映させ、医師の診断が必要と判断したならカウンセリングを受けても良いでしょう。しかし、多かれ少なかれ、ADDのような症状は誰にでもあるものなので、診断を受ける必要があるかは微妙です。

 

ADDにどう対処するか

ADDは気質的なものに近いので、はっきりとして基準はないです。また医師に相談してもカウンセリングの結果、困っているなら診断されるというのに近いです。
しかし、自分がADDだからと言って考えてしまうと、余計にそのようになっていきます。これは現代社会に不注意や過集中で困っている人をカテゴライズしたものなので、病気というよりは自分が気を付けるべきことに気づくきっかけのようなものなのです。

 

なので、過度にきにすることなく、弱点の改善と強みの強化を行いましょう。まず弱点に関しては、人の話を聞けないことや気配りが行き届いていないことでしょう。これに関しては、実践でやっていくことももちろん重要ですが、本やネットで先人の知恵を入れていくことは非常に重要です。

 

また強みに関しては、集中力です。

スポンサーリンク