ADDへの対策・対応

ADDへの対策・対応について

スポンサーリンク

ADDへの対策・対応についての記事一覧になります。

ADDへの対策・対応記事一覧

ADDには本人さえもコントロールし難い衝動性がありますADDの人々は、行動の衝動性と注意力が散漫な点を持ち合わせています。前者の性質によって、世間一般の人々よりも短気な性格を持っている事が多いです。短時間のレジ待ちでもイライラ、そわそわしてしまう、他人の話や上司の説明を丁寧に聞く事が難しい等、生活や仕事の面で悪影響が出る面もあります。また行動の衝動性によって本人さえも意図しない失言や暴言が無意識に...

ADDであるということミスをしてそれを指摘されて責められることは精神的につらいものです。それがなんども同じようなことで起こってしまうと信用をなくしたり、強く責められたりして居場所がない状況になります。そのために悩み、苦しむことでさらにミスが増える悪循環に陥ることも考えられます。自分ではしっかり注意しているつもりでもなかなか改善されない、大人として自覚が足りないと思われる等を悩んでいるようであればA...

発達障害は精神疾患ではなく、あくまで脳の機能障害ですADDはしばしば心の病気だと勘違いされていますが、基本的にそれは精神疾患ではなく脳機能の障害です。更に近年の研究によってADDの男女は、欠点をカバーするために別の機能がむしろ発達する事がわかってきました。気分屋で感情的、ヒステリックでキレやすい等、情緒不安定な気質が目立つ事もあるADDですが、正しい手順でサポートを受ければ、一流のクリエーターにな...

ADDに有効な「フェニルエチルアミン(PEA)」についてADDとは、脳の障害により一般人より注意力が劣る人の事です。不注意によるミスは誰しも起こしますが、当該障害を持つ人は、時々ではなく、頻繁に不注意によりミスをしてしまう傾向にあります。この障害は、脳内の神経物質であるドーパミンの不足から当該不注意が連続してしまうと考えられています。当該障害に有効なサプリメントもあります。L−チロシンはドーパミン...

自分の特徴を知るADDの対策として一番重要なことは、自分でADDというものを学んで、理解するということが大事になってきます。もし、自分がADDとは知らずに生活していると、何か問題が起こった時に、自分を責めてしまったり、自信を無くしてしまう可能性があります。自分がADDという特徴があるということを知ることによって、どのようにすれば対処することができるのかということにも気づくことができるようになります...

ADDの人々は個性的な特徴と体質を持っていますそういった個性を先天的に兼ね備えているため、組織や学校に馴染めない人々も少なくはありません。物を決まった場所に片付けるのが苦手、持続的な取り組みが不得手、周囲の環境によってパフォーマンスが乱高下する、お金の保管や使い方が無頓着、上司や教師の指示に従う事が難しい、衝動的に行動する事が多く継続的な学習や事務作業が困難等、いわゆる社会生活を送るにあたり、少々...

ADDを抱える男女は計画を立てて準備するのが得意ではない発達障害の一種であるADD、それには色々な症状が見られますが、最も日常生活を過ごす上で障害となってしまうのは、物事を順序立てて計画を練るのが不得手、という部分でしょう。この症状を抱えている事によって、ADDの男女は宿題が提出日までに出来なかったり、人から頼まれたお願い事を期日まで達成出来ません。世間の人々がスケジュール管理に使うTODOリスク...

ADDの特徴としてスケジュール管理や金銭管理することが難しいことなどがあるADDの特徴は、集中力が続かない、先のことを計画できないなどがあります。こういったADDの兆候は子どものころから見られるものです。忘れ物が多かったり、授業に集中できなかったり、友達とのコミュケーションがうまくいかなかったり、協調性がないということで問題児扱いをされてしまうことも多いのです。子どもだから、という許容範囲で収まら...

日本でのADDの認識ADDというもの自体は認識されており、その症状もだいたい知っている人が多いのが現状でしょう。しかし、世界各国と比べると、その違いを認めるという発想は薄めです。これには労働のあり方や価値観がわりと関係しており、世界的には役割分担や一人ひとり違って当たり前という概念が根付いています。しかし、日本ではまだまだ見んが同じで同じ方向を向いているという前提があります。そのため会社員なんかで...

ADDの理解ADDのそもそもの原因は脳の神経伝達物質の過不足です。ドーパミンやセロトニンが普段は不足している状態なのですが、特定の条件下で活性化します。その条件というのは人によって違っていて、趣味やその他のことに没頭しているときです。そして、その対象を有意義なものにすることによって、過集中の特性とうまく付き合っていくことができます。対象とするのはやはり勉強や仕事や読書が良いでしょう。ワーカホリック...

ADDの障害ADDは注意障害や衝動性があります。これは、普段の脳内の神経伝達物質が少ない状態と、何かしらのきっかけで分泌量が増えるときの落差が激しいためです。この特性を知って自分でコントロールできれば良いのですが、これができないとバランスが崩れます。しかしADDには過集中という強みがあり、これをどう活かすかが分かれ道です。人間は放っておくと短絡的な快楽に向かう性質があります。これは手っ取り早く快楽...

ADDの生きる方法ADDの人は特定の分野への高い集中力を発揮していく可能性を持ちますが、周囲への意識の欠落であったり、打たれ弱さが原因となってうつ病になってしまう可能性も高いです。それを防ぐためには自分で自分を誉めることが重要です。うつ病を防ぐにはいろいろな手段があるかもしれませんが、実は自分のうちに何かを求めた方が良いです。普通は成功して外部から誉められたい、地位や名誉を手に入れたいといった欲求...

ADDの行動パターンADDは通常時脳の神経伝達物質の量が少ないので、刺激を与えたがります。そのため何かに没頭し、脳をフル稼働させることが好きなのです。これは脳とは限らず、肉体的な性やアルコールなどの依存になっていく場合も多いです。むしろ簡単にできる分その方が多いでしょう。ここで重要なのは、集中する対象を冷静に見極め、冷静に対応していくことです。ギャンブルやタバコにはまってもあまりメリットがないので...

ADDの弱点ADDの人は一貫性のあることやルールを理解できないわけではないのですが、注意を向けられないことが多々あります。周囲からすれば知的な能力に問題があるように見えるかもしれませんが、実際はそっちに脳が働いていないという感じです。働いてなくはないのですが、働き続けてはいないです。これを解決するためには、自分なりに考えていく必要があります。普通は説明を受ければそれで問題ないのですが、ADDの人は...

ADDの特徴ADDは脳の神経伝達物質の影響で、通常時にボーっとしていることが多いです。そのせいでなくしものをしたり人の話を聞いていなかったりといったトラブルが多いのです。これを防ぐためには、意識的に改善していくしかないでしょう。とは言っても、ボーっとしているのを治すのは難しいので、どちらかというと工夫と、どこで自分がミスするかを把握していくことです。それをやっておくと、ボーっとしていてもミスしない...

ADDの対処法基本的にADDは病気というよりは脳の特性というように捉える方がしっくりくるでしょう。本人も周囲もこの特性を十分に理解し、対処していく必要があります。しかし、この症状は人によって程度やその症状の具体的な内容に差があり、ADDでなくても同じような症状は誰しも持っています。そのため、線引きも曖昧で、着かず離れず見守る周囲と、自力で解決する本人という構図が重要です。具体的な解決方法は、弱点の...

大人の発達障害は、いわゆる一般的な障害よりも支援が難しいと言われているその原因として、症状の自覚が本人に無い事が挙げられます。本人さえも自覚出来ない問題で、また障害が外見的に出る問題ではありませんので、共に暮らす親や兄弟さえも、大人の発達障害に気づく事は極めて困難です。地道な作業に取り組むのが苦手、計算や暗記が不得手、継続的に物事を行うのが難しく学校や職場での成績が悪くなりやすい、長期間の努力が必...

ADDの不注意性に対処するアプローチの方法としては、単純に普段から気を付けるようにするという方法と、徹底的に日常生活を洗い出し、それそのものに過度に集中してみるという方法があります。この対処法は似ているようでまったく違っていて、ADDの性質を考えると一度徹底的に見直し、そこから最初に書いた気を付ける方法に移行した方が良いかもしれません。たとえば、普段生活しながらものをなくさない、人の話を聞くことに...

ワーキングメモリ、いわゆる脳の短期記憶の部分にコンプレックスを抱えている短期記憶を司る部分の働きが先天的に弱いため、普通の人々であれば、一度言われたら即理解出来る短いフレーズや電話番号などが、ADDの人々は一度では頭に正しく入りません。ワーキングメモリ自体に障害があるため、なかなか後天的に鍛えて、短期記憶の能力を底上げする、という対策は難しいです。ただし、全ての障害者に言える事ですが、特定の部分が...

見えないリスクが潜んでいるADDの人々の一人暮らしADDの人々の自立心を養うためには一人暮らしが大事だ、という意見があります。むしろADDの若者は他人に干渉される事を強く嫌う傾向があります。親が良かれと思って行ったアドバイスや支援が逆に本人にとってはプレッシャーやストレスになっていた、そういった事例は世の中に珍しくはありません。親は本当に的確なアドバイスをしていても、ADDの若者の耳にはお節介、お...

自制心を身につけるための方法自分自身をコントロールする力を自制心と言いますが、これが欠けてしまうと協調性に欠ける人、わがままな人、社会に不適合な人、と判断されてしまう可能性があります。ADDもこの自制心に欠けていることが多く、集団の中で守らなければならないルールを無視してしまいがちです。これを改善するために使われる方法として、鏡を使った監視方法があります。鏡効果というもので、鏡に映った自分を見るこ...

運転免許の取得は可能ADDでも、運転免許を取得することはできます。ただし、人よりも集中力が途切れやすい傾向があるので、取得する際にはその点にどう対処するのかよく考えておく必要があります。ADDと一口に言っても、症状の出方やレベルには個人差があるので、誰でも必ず取れるわけではありません。症状が重ければ本人にとっても、周りにとっても免許を取るのは望ましくありません。万が一事故を起こしてからでは何もかも...

ADDの人々はほぼ例外なく片付けが苦手物を捨てるのが苦手、自分の部屋を整理整頓するのが不得手、衝動買いの頻度が多く自ずと不用品が家に溜まりやすい等、ADDの人々は片付けが全く得意ではありません。一時期世間で「片づけられない女」といった言葉が流行り、そういった片付けが苦手な女性がこぞってメディアに取り上げられました。整理整頓の工夫術を上手く紹介して片付けられない女性を正しく支援するテレビ番組も多々あ...

ADDは大きなハンディキャップただし生活を工夫すれば、十分社会人としてごく一般的な人生を歩んでいけます。しばしば発達障害者を指して、社会人不適合者とする意見がありますが、本当に危険な見方です。確かに一般的な男女よりも注意力と集中力が低いため、勉強や仕事の面でミスが多いです。しかし、社会経験を積む事で大半はカバーされます。何よりもADDの当事者が実は自分自身に対して社会人不適合者なのでは、という強い...

発達障害であるADD発達障害という言葉はよく耳にしますが、それにも様々な種類があります。ADD(注意欠陥障害)も、今現在では発達障害という位置づけになっています。これは先天的に脳に問題があるということで、治療が困難かつ脳の発達に問題があるからです。ADDは長い間集中していられないなどの衝動的な症状や、うっかり忘れが多いなど注意障害の症状が出ます。そのため、気分にムラがありすぐカッとなる、衝動的な発...

短所は長所に変えられるADDは落ち着きがなくせわしないと言われがちですが、それは脳の特徴で行動力が有り余っているからです。興味のあることには集中できて色々なことを覚えられるので、その豊富な知識によって周りの人を楽しませることもできます。普通の人が考えつかないようなアイデアが湧き出すケースもあります。ネガティブに考えると喋りすぎて怒られることが多いですが、その積極的な会話力を活かせばムードメーカーに...

ADDの人は脳内のワーキングメモリーの働きが普通の人よりも鈍いと言われているこの領域は短期記憶を司どっています。なので、言われたことをすぐに忘れてしまう傾向にあります。すぐに忘れるということは、コミュニケーションにも支障が出てきてしまうので、できれば手書きのメモを作るようにして持ち歩きましょう。言われたことを忘れてしまったり、話を聞かない人だと思われてしまうと、社会的な信用を失います。それがADD...

ADDは趣味や創作活動に対し優れた才能を発揮ADDは趣味や創作活動に対し熱中しやすく、優れた才能を発揮します。症状を改善させるためには、得意な行為である趣味や創作活動とうまく行動を結びつける必要があります。彼らは自分の好きな事柄なら喜んで人の話を聞くという特性があります。まずはその特性をうまく活用して、彼らが好みそうな話に持っていきましょう。例えば音楽が好きな人なら音楽の話を、車が好きな人には車の...

掃除習慣化の必要性ADDを抱える人は、掃除習慣化の必要性を感じます。理由は、極端に整理整頓ができずに、それを放置しておくと散らかり放題になるからです。ただし、習慣化することは意外に難しく、食事や歯磨きのように必要に迫られることがありません。汚くても何がどこにあるのかわかっていることも多く、生活できてしまうからです。汚くて恥ずかしいという気持ちも薄いことが多いです。子供がADDである場合には、親が汚...

日常生活で、つい自分を責めてしまいがちADDの当事者が避けて通れない問題のひとつに、二次障害があります。発達障害とはまた別のもので、ADDであることから目をそらし続けたり、重度のストレスがかかるような生活を続けたりすると起こる障害です。二次障害になった時に初めてADDかもしれないと自覚するケースはとても多く、双方は切っても切れない関係です。特に二次障害におけるうつ病は、困難にぶつかるたびに自分を責...

集中力が散漫になることで起こる問題ADDの人は、興味がないことに対して集中力が続かず、気が散りやすいのが特徴のひとつです。そのため、やりはじめたことを途中でやめて、思いついた別のことをはじめたり、物事をこなす効率が悪いです。学校では先生の大切な話をきちんと聞いていなかったり、職場では何度もケアレスミスを犯したりと、日常生活でしばしばトラブルになることがあります。問題は、物事を効率的に行うことができ...

ADDは、考えずに行動してしまうことが特徴です。ADDの子供の子育てには、母親が様々な工夫を求められます。ADDの子供は整理整頓や片づけが苦手彼らにとって、きちんと整理整頓することはハードルが高い日常生活の行動のひとつです。これらを上手に行ってもらうには、片づけの仕方を分かりやすくすることが大切です。部屋の隅などに大きな箱を置いたり、おもちゃを片づけるスペースのルールを作りましょう。片づける場所が...

子供がADDと診断されたら子どもがADDと診断された時には子育てが間違えていたのでは?と悩む必要はありません。ADDは、脳の構造が少し違うために起こる障害なので、先天的なことだと言われています。しかし、遺伝する確率も高いので、親もそうである可能性があります。診断を受けたら子育てのやり方を変えていきましょう。まずは、子供の好きなことは邪魔をせずにやらせておきましょう。ADDの良い面は高い集中力です。...

スポンサーリンク