ADDの人への接し方・関わり方

ADDの人への接し方・関わり方について

スポンサーリンク

ADDの人への接し方・関わり方についての記事一覧になります。

ADDの人への接し方・関わり方記事一覧

ADDの症状を良くする為にはADDの注意が連続維持できないという障害は、脳内のドーパミンが不足しているからだとされています。このドーパミンが不足する事から起きる当該障害においては、刺激薬を服用する・高蛋白質食品による食事療法・L-チロシン等のサプリメントにより、当該症状を抑えます。つまり、当該障害を抑える為には、ドーパミンが脳内に多くある状態を維持できれば当該障害は抑えこむ事ができます。当該ドーパ...

小さなころから、ちょっと周りの子と違う行動や、できないことが多くて悩む親はいます。集中力がない、忘れ物が多い、ものを無くす、独自の世界観がある、空気が読めないなど、集団行動をしていくうえで大切なことができなくて周りの大人たちはイライラしてしまうことがあります。そんな症状が気になる時は、早めに専門機関への受診が必要です。ADDというのは、前頭葉大脳皮質や小脳の活動が低下することにより、感情や行動に異...

子供のADDADDとは、前頭葉大脳皮質、小脳の活動が低下することにより、感情や行動に異常が現れる症状のことです。それは幼いころから言動などが周りと違ったり、やるべきことができないなどとして親や周囲の大人が気づくことが多いです。具体的な症状としては、細かい作業ができない、集中力が持続しない、忘れ物が多い、物をなくす、順番を守れない、その場に合った会話ができない、空気が読めないなどです。小学校に行くよ...

ADDという障害について当該障害は、前頭葉大脳皮質・小脳の一部分の活動が低下していたり、弱小化しているというより、脳の何らかの欠損によって、一般人より注意力がない障害です。緻密精密な事ができにくい・物事を継続して行う事が苦手・話しかけても聞いてない様な様子・継続的な注意力を維持出来にくい・物をよく紛失する・出来事を忘れてしまいやすい等の問題が当該障害の障害者にはよく見られます。簡単に説明致しますと...

ADDの人が急増ADDを抱える社会人男女が昨今急激に増加して来た、との意見があります。実際にそういったデータも存在しており、一見すると非常にもっともらしい指摘です。特に若い社会人に目立っており、農薬や環境ホルモン物質、親の躾、ゆとり教育が大人のADDを増加させたという持論を述べる有識者の人々も大勢現れました。大人の発達障害については、まだまだ不明な部分も多いですが、ただ原因は既に特定されています。...

ADDの子供の特徴ADDの子供は注意力を維持するのが難しいです。脳の一部の障害により、このような状態になってしまいます。当該障害を持つ子供は、うっかり・おっちょこちょい・ずぼら等の印象を持つ可能性があります。当該障害においては多動性がないか、多動性はすくないのが特徴です。おとなしい・無気力・スローという印象も持つ事もあります。すべき事を先延ばしたり・遅刻したり・時間管理が苦手な子供が多いです。これ...

ADDの会話ADDの人と話す際には、なるべく具体的に言った方が良いです。一概には言えませんが、察するということにあまり関心がないパターンも多いでしょう。そもそも会話自体に興味がなく、指示を聞いていないという可能性もあります。これはADDの人に限ったことではなく、それ以外にもそういう人はいるでしょうが、自分の興味のあることにだけ集中する傾向があるため、それ以外のことを最短でやりたがります。なので、仕...

ADDの人々は、ワーキングメモリーの働きが普通の人々より先天的に弱いワーキングメモリーとは短期記憶に関連した脳の機能であり、例えば人が口頭で言われた電話番号などを難なく記憶出来るのは、この機能がバックグラウンドで働いているおかげです。電話番号の文字数は丁度一般的な男女がとっさに短期記憶出来る量になっており、また短期と頭につく通り、必要な時だけ脳に保存され、情報の重要度が下がったと分かり次第、自然と...

ADDは勘違いされやすい子供の頃、いくら注意しても良くならないと怒られていた人はADDだったかもしれません。注意欠陥障害とされるその症状は、集中が続かずにすぐに飽きてしまったり、ミスしてしまったりするような行動です。子供なら誰でもありそうですから、なかなか見極めることができません。場合によっては、やる気がないや態度が悪いなどの理由から怒られてしまうこともあります。でも、本人ですら自覚することは難し...

本人の特性を理解する付き合い方の1つ目のコツは、ADDの人は気を付けていても注意が散漫になり、失敗し、後悔するというパターンを繰り返すという特性があることや、失敗をしないようにするためには普通の人より多くの努力が必要であり、周囲の協力なしでは失敗しないようにすることは難しいという特性を理解することです。失敗したことをしっかりと反省し、真剣に努力しさえすれば解決するのではと周囲は思いがちですが、特性...

わざとやっているわけではないことを理解するADDの子どもは注意力を保つのが難しいですが、これはわざとやっているわけではありません。脳の障害の一つなので、保育士はそのことをよく理解して接し方を考える必要があります。多動以外におとなしかったり無気力、スローなどの特徴を持つこともあるので、一概に落ち着きがないからADDと決め付けることはできません。また、自己管理が苦手な傾向があるので、保育士のADDの子...

友人の反応例え友人に対してであっても、自分がADDであることをカミングアウトすることは大変勇気がいることです。軽蔑されないか、距離を置かれてしまわないか、気になってしまうものだと思います。しかし、本当に信頼しあっている関係であれば、実際にカミングアウトしてみると自然な反応に驚かされ、他のADDの人にも友人へのカミングアウトを勧めたくなるかもしれません。友人はADDの人を異常な状態などとは捉えず、真...

スポンサーリンク