ADDと学校・学習

ADDと学校・学習について

ADDと学校・学習についての記事一覧になります。

ADDと学校・学習記事一覧

ADDの特徴やその原因ADDとは、注意欠陥障害というれっきとした障害であり、これは自閉症と同じく脳の機能障害の一つです。胎児期に何らかの不具合があって起こる生まれつきの物であり、親の育て方や家庭環境などは関係ありません。具体的にどんな障害なのかというと、簡単にいえばひどく注意力がなく、集中力もないということです。他人から見れば、とても忘れ物が多く、ケアレスミスが多く、周りがちゃんと見えてない人なの...

主な症状、原因ADDとは、注意欠陥障害と呼ばれる発達障害のひとつです。すぐに気が散ってしまう、集中できない、物忘れやミスが多いという特徴がよく挙げられます。現在、障害を完全に治す方法はありません。しかし、やり方を工夫したり環境を変えたり、薬によって特性を押さえたりする方法で、症状が改善することがあります。原因は遺伝的な要素が指摘されていますが、はっきりとしたものはまだ判明していません。複数の遺伝子...

ADDの学生は、学習障害児になりやすい注意力が一般的な児童よりも低いため、授業を真面目に受けていても、基本的な内容を理解するのに時間が掛かるためです。またADHDのように多動性は無いADDですが、脳内の活動はADHDの児童のように多動な傾向があり、教師や保護者が熱心に指導を行っても、聞いてもらいたいポイントとは違う部分に、彼らの意識が集中してしまい、基本的な学習内容が児童期にインプットされ難い、と...

ADDと勉強能力基本的に学力とADDの相関関係はありません。なくはないのですが、どちらが高いというのはありません。ADDの人の方が学力が高いことはざらにあります。むしろ難関大学には多いです。悪い言い方をすれば、勉強はできるけど業務上で問題を起こしたり仕事ができない人にこのパターンが多いでしょう。しかし、それもうまく能力の得意不得意を活かしきれていないだけで、改善することです。なので普通学級での学習...

ADDの学力がアンバランスな理由ADDの原因は脳内の神経伝達物質の不足ですが、それが特定のことをしたときにだけ活性化するようなサイクルを作り出す場合があります。そのため、ADDやADHDの人は普通の人よりも依存症になりやすかったりします。脳が活性化した状態が普通の人よりも落差がある分気持ちよく感じるのです。そのため派手な異性関係をもったり、薬物依存になったりしがちです。もちろんみんがみんなそうなる...

ADDの習い事最近は子供のうちからADDということが分かってもらえる場合が多いですが、その場合にどう対処するのかが重要です。基本的には能力的に問題があるわけではなく、脳の覚醒サイクルに問題があります。脳の神経伝達物質のコントロールができればよいのです。普段覚醒レベルが低いせいで細かいミスを繰り返し、逆に特定の状況で脳が活性化するからその行動に依存することも多いです。覚醒レベルの低さは意識的に注意す...

ADDの児童を普通学級で学ばせたいという場合には少し注意が必要親は自分の子供に普通であってほしいという願いから、障害があっても他の子と同じように普通学級に入学させたいと思うものです。早期療育で、特性がそれほど目立たずに、保育園の先生からも指摘が少なくなっている場合は大丈夫です。ただし発見が遅く、先生からの指摘が多かったり、本人も集団行動が取れない場合には他の道を検討した方がいいです。発達障害につい...

学力だけで診断はできないADDである可能性を自分で探る場合、よく判断基準として引き合いに出されるのが学力との関係です。ADDについての知識が浅い場合、発達障害のひとつであると聞けば、学力も低いのではないかと連想する人もいるのが現状です。特に当事者が学生の場合、本当に関係があるのなら、学校の成績や進路にもかかわってきます。しかし、ADDだから低い、とは一概には言い切れません。学校での成績だけでは判断...

理解力とその特性ADDの理解力は障害のない児童に比べると、注意力が低いために、理解するまでに時間がかかるということがあります。健常者よりも理解の速度は遅いけれども、健常者と同じくらいの平均的な学力は持っています。しかし、日本では理解が進んでいるとは言えず、適切な診療もされていません。先天的な脳の構造によるものであり、精神論で指導しても、効果が発揮されることはありません。好奇心旺盛なADDは興味のあ...