ADDの治療

ADDの治療について

スポンサーリンク

ADDの治療についての記事一覧になります。

ADDの治療記事一覧

薬を使用しないで行う場合当該方法は、薬を使用しないで行います。ADDを持つ子供は注意力が継続できない傾向になります。その場合に、注意を継続できる様に環境を整え(環境を調整する事による治療)や本人が適切な行動を学ぶという、ソーシャルスキル・トレーニングといった事により治療を行います。これに伴って、保護者が具体的な対処法であるペアレント・トレーニングで保護者が対応します。また、高タンパク質による治療法...

発達障害は普通の障害とはやや異なる存在ですADDは生まれつきの障害ではありますが、いわゆる心の病や先天性の精神疾患ではありません。脳内の神経物質の伝達が健常者に比べて鈍い、というハンディキャップを持っているだけであり、ADDは確かに発達障害のカテゴリに区分される症状ですが、専門家によっては障害とネーミングするのが不適切だと指摘されています。実際にADDを抱えながらも各分野で輝かしい実績を出している...

ミスが多いと感じたら何かやらなければならないことがあったにもかかわらず気がつくと別のことをしていたり、同じようなミスを繰り返し起こしたり生活に不自由を感じるようならADD(注意欠陥障害)かもしれません。ADDは病気ではなく、他の人と比べて相対的に注意力が足りないことが多い状態です。ただし、大人になって仕事につくとそのような状態が続くようでは周りに迷惑をかけることになります。本人はミスが多いことを責...

ADDの中枢神経刺激薬ADD用の薬は大きく2つに分かれます。主に医師が当該障害を抑える為に処方されるのがこちらです。この場合の効果は、完全に当該障害を完治するという効果が期待できるのではなく、障害をコントロールする効果を期待するものです。効果においては、人によってその効果は色々です。リタリン・コンサーター・アデラール・デキセドリン等があります。脳のドーパミンレベルを高めます。副作用として、イライラ...

ADDの薬がもたらす効果ADD(注意欠陥障害)は、集中力がない、物事を忘れやすい、気が散りやすいなどの特性がある発達障害です。ADDの特性が日常生活に支障をきたす場合、改善法としてやり方を変えたり、周りに配慮を求めて助けを得ながら生活するなどの方法があります。また、薬で改善していく方法もあります。病院で医師の診断を受け、薬の効果・副作用についてしっかりと説明があったうえで処方されます。コンサータと...

ADDは病気ではないまず結論をいうと、ADDは完治しません。なぜなら、ADDは障害であり、病気ではないからです。病気のように治るものだと誤解してしまうと、自分を追い詰めたりまずます症状が悪化したりすることもあります。病気ではないので治ることはありませんが、当事者による工夫や周りの協力、治療などによって改善できます。治そうとするのではなく、症状を改善して生活しやすくする、という意識が必要となります。...

ADDの治療方法ADDの原因は脳内の神経伝達物質の不足ですが、特定の条件下ではむしろ活性化します。その対象を自分にとってプラスになるものにコントロールし、あとは周囲への配慮とコミュニケーションで相手の考えを学んだりすることです。基本的には薬剤療法で脳内の神経伝達物質の活性化を図ろうとするのはあまりおすすめされていません。たしかに日常生活で気を付けなければ肝心な場面で寝ている状態だったりするのですが...

ADDは行動マネージメントが最重要基本的にADDというのは明確な基準はなく、そのようにカテゴライズしておいてその人たちを救済していくためのものです。たしかに実社会で問題行動の目立つ体質の人たちなのですが、うまく活用すれば高いパフォーマンスを発する可能性はあるのです。そして、そのために重要な治療方法は行動マネージメントです。自分の行動をコントロールしていくということで、過集中の性質を建設的な方向に向...

ADDの症状ADDの症状は注意力散漫で忘れ物が多かったり、興味のあることに過度に集中したりといった症状があります。生活習慣を改善してこの症状が治るということはありません。なぜかというと、この症状の根本的な原因は脳内の神経伝達物質の分泌のタイミングが人と異なるからです。どう違うのかというと、通常時の分泌量が少ないため、その不足を増やそうと想像したり、過度に興味のあることにだけ集中しようとしたりします...

ADDという症状集中力がない、ミスが多いと怒られることがあると思います。それらがADDの主な症状と言われています。その頻度が多いことや恒常化していると言うことが判断の境目になります。どのような人でも常に集中していることはできないし、ミスをしないなんてことはありません。生活の中で、方法や習慣によってその頻度を減らすことができます。ADDの場合、脳内の機能が原因と言われていて、そのような対処で改善する...

ADDはしばしば似たような障害であるアスペルガーと混同されますが、それぞれ別々の個性共通する点も一部見られますが、アスペルガーの人々の特徴の一つである表情を読むのが苦手、他人の気持ちや言動が理解できないといった点は無く、ADDの人々はどちらかと言うと神経質で、根っこの部分は大変優しくて真面目な人々です。ただ、神経質に相手の気持ちを汲み取る事を頑張りすぎて、焦って妙な言動をしてしまったり、本人は12...

ADDの治療方法ADDに対しては投薬治療が存在します。そもそもの原因は脳内の神経伝達物質が通常時に不足するために、興奮時との落差が発生することです。これが原因で、普段ボーっとしているのに、好きなことのときにだけ活発になるといった問題が起こります。問題とは言っても、メリットも多いでしょう。そして、これに対する治療法は投薬ですが、脳内の神経伝達物質を増やしても完治するというわけではありません。なので基...

ADDの症状ADDは発達障害の一種で、脳の神経伝達物質の分泌に問題があります。ときとして高いパフォーマンスにつながる場合もあるのですが、通常時は認知症と大差ないです。そのため認知行動療法が有効です。要するに脳を活性化させる薬の投与です。自力で脳を動かし、日常生活や人との会話に問題がないようにトレーニングを積んでいくのがベストなのですが、それができない場合には薬が必要なこともあります。また、知能自体...

ADDの原因ADDの原因は脳の神経伝達物質の数値が低いことです。特定の条件下では活性化するのですが、普段の生活で数値が低いためにボーっとしているように周囲からは見えたりします。実際に忘れ物をしたり、話をちゃんと聞いていなかったりということが多いです。そして、この状況を改善する方法には中枢神経刺激薬でドーパミンを刺激する方法もあります。本来ならば、外部化の投薬ではなく内部でコントロール術をもつことが...

ADDの原因とされている前頭葉の働きADD(注意欠陥障害)は、注意力が持続せず行動においてミスが多く見られる障害を言います。行動だけを見ているとやる気がないと勘違いされることがあります。しかし、性格や習慣などが原因ではありません。はっきりとしたことが解明されているわけではありませんが、脳の前頭葉の機能の低下が原因ではないかと言われています。前頭葉が正常に機能するにはノルエピネフリンが必要になります...

コンサータはどんな薬か?コンサータはリタリン同様に、中枢神経刺激薬のメチルフェニデート製剤です。リタリンと違うのは長時間にわたって作用するように、徐々に薬が溶け出すような形に生成してあるというところです。中枢神経刺激剤というのは簡単に言えば、興奮剤のことです。メチルフェニデートに関しての興奮作用は、カフェインと覚醒剤のちょうど中間ぐらいという報告もあります。覚醒剤などと書くと幻覚作用などがあるので...

アデラルとはどんな薬か?ADDに欧米では使われるアデラルは交感神経刺激薬の一種で、日本では覚せい剤取締法によってきつく規制されているアンフェタミンを含む薬品です。条文では医療目的に使用可能になってはいますが、1950年代に規制されて以来日本で合法の商品はありません。海外から労働ビザで来日していたADHDの方が20年以上使用していたアデラルを持ち込み逮捕されてしまった事例もあります。とはいえ、覚せい...

注意力を高めるには小さなミスを連発したり、ものごとに集中できなくなると、会社や学校での評価に影響が出てしまいます。ADDのこうした症状を抑えるためには、注意力を高める訓練を行わなければなりません。例えば、勉強する時には注意力を削るゲームなどを側に置かないというような、勉強しやすい環境づくりを行う必要があるでしょう。しかし、それだけでは十分ではありません。体調をしっかり整える習慣を見につける必要があ...

投薬でADDの症状を改善していくADDの生きづらさを感じないようにする方法には、医療機関によるカウンセリングやトレーニング、投薬などがあります。カウンセリングで現状を見つめ把握し、困難に対処するためのトレーニングを重ねることで自信をつける狙いがあります。投薬による治療も、ADDが原因で起こる困難に対処しやすくするためのものです。日本でADDの治療向けに処方されている薬としては、ストラテラやコンサー...

中枢神経刺激剤とは?リタリン、メチルフェニデートやべタナミンなどがあります。身近なところではカフェインなどもこれに含まれます。もっとも、治療的効果はほとんどありませんが。中枢神経刺激剤を噛み砕いてわかりやすく言えば、興奮剤のことです。主にナルコプレシー(睡眠障害※日中突然眠ってしまうような症状)などの治療に使われますが、ADDや軽度のうつに使われるお薬でもあります。この系統のお薬の特徴的な副作用に...

そもそもチロシンって何?チロシンはタンパク質合成に関わるアミノ酸のうちのひとつです。語源はギリシャ語でチーズを意味する言葉に由来していると言われます。たけのこの水煮や賞味期限切れの納豆などに見られるあの白浮きした結晶がチロシンです。もちろんチーズにも多く含まれていますので、通常の食事で摂る場合にはこれらの食べ物が代表的なものになります。ドーパミンなどの脳内物質の材料になる物質で、ADDだけでなく、...

脳の血流を良くするホスファチジルセリンホスファチジルセリンとは、もともと人間の細胞に含まれている物質で、最近では認知症やADDの改善にも効果があるのではないかということで期待されています。ホスファチジルセリンはレシチンというリン脂質の一種で、たんぱく質とともに人間の細胞膜を構成しています。脳内の神経伝達経路の細胞に多く存在している、情報伝達に欠かせない物質です。細胞膜は必要なものは取り込み、不要な...

即効性か穏やかさかで選ぶADDの原因や治療法は完璧なものは確立していません。なんとなくわかってきたことはあるけれども、必ずこれで全員が完治するというような方法はないということです。しかし、症状を改善させる薬は登場しています。日本でも認可されている薬なので、医療機関で処方してもらうことができます。1つ目は非中枢神経刺激薬で、脳に直接作用しない薬です。ADDの原因は脳内の神経伝達物質のドーパミンやアド...

ADDは病気ではないので、完治はできないADDについて取り扱ったメディアで、よく「治す」という言葉が使われることがありますが、ADDは完治はできません。なぜなら、あくまでも発達障害ひとつであって病気ではないからです。生まれつき持った障害なので、一生付き合っていくこととなります。よって、治すのではなく、改善させるという考え方が当てはまります。改善方法のひとつに、療育による治療があります。ADDゆえに...

カウンセリングや投薬とは違うADDの治療法としては、話を聞いてもらうカウンセリングや、投薬によって脳の神経伝達物質の量を正常に保つなどがあります。しかし、こういう治療でも効果が出ないこともありますし、薬が体に合わないというケースもあります。そういう時にADDの困った特性を改善させる方法として、認知行動療法が使われることがあります。認知的な治療と行動的な治療に分けて行い、考え方や行動のコントロール方...

予防や美容目的ではなければ保険適用漢方薬を医師に処方してもらう場合、予防や美容目的ではなければ保険診療の値段でもらえる可能性が高いです。最近では漢方の専門医もいるので、そこで証(体力・抵抗力・症候)にあったものを処方してもらえればより効果が期待できるでしょう。ADDの治療に使われる種類には、抑肝散(よくかんさん)、六味丸(ろくみがん)、小健中湯(しょうけんちゅうとう)などがあります。抑肝散は精神の...

発達障害の診察は専門医にお願いすべき一般的な体調不良の相談は身近な病院にすれば良いでしょう。発熱や鼻水、そして頭痛や消化不良等、こういった身近な体調不良は東京都内の普通に病院に相談すべきであり、身近なクリニックに健康保険証を携えて向かえばOKです。しかし、一方でADDの相談は専門医が働く特別なクリニックにしなければいけません。ADDの児童や社会人の存在がようやく世間一般で認められていました。昭和の...

早い段階の受診が大事殆どのADD(注意欠陥障害)の患者は、子供の頃から人とは違う傾向を自覚しており、学校という社会から離れた世界に守られて過ごします。親としても、子供の頃の一過性のものとして捉え、病院の検査を受けさせる事もありません。但し、社会に出て働きはじめると、健常者が普通にできることがこなせず、劣等感を覚えることになります。但し、自分がADDであることを直ぐには認めることは出来ないので、病院...

スポンサーリンク