ADDの原因

ADDの原因について

スポンサーリンク

ADDの原因についての記事一覧になります。

ADDの原因記事一覧

ADDが遺伝するかについて当該障害は先天的な障害の場合が多いとされています。なぜ当該障害を持つ子供が生まれるかという事について、先祖からのDNAについての遺伝の影響が少なくないと言う声が専門家もいます。まず、当該障害の遺伝による部分は否定できないです。片親もしくは両親が当該障害を持つ場合には、子々孫々が当該障害を持つ確率は一般人より高くなります。先天的以外にも後天的要因により当該障害に影響を与える...

ADDはまだまだ世間の人々に正しく理解されているとは言いがたいものです特に原因に関しての誤解が根強く、ADDの原因を「親の教育が悪かった」や「本人の努力が足りていない」や「精神的に弱いせいで発達障害が起きている」等と、誤った解釈を持っている年配の人々も少なくありません。まだまだ研究が道半ばであり、分かっていない事も多い発達障害の分野ですが、その根本的な原因は既に特定されています。ADDの根本的な原...

ADDは誤解が多かった障害実際に以前は精神障害の分野に区分されていた事があり、専門家の多くが発達障害イコール後天的な精神のトラブルと考えいしました。それが医学と科学の発展によって、誤りだと証明されました。PETと呼ばれる脳の働きを客観的に分析する診察方法が普及した結果、発達障害とは精神が原因ではなく、脳の活動状況に問題がある障害だと原因が改められました。更に大量に発達障害者の脳をPETで検査してい...

ADDの脳ADDは脳に問題があるかというと、知能には問題のある場合とない場合があります。原因は脳の神経伝達物質の不足なのですが、これと知能との直接的な関係はないためです。しかし、前頭前野の機能不全なのかという疑問がでてきます。脳の神経伝達物質のメカニズムはまだはっきりと解明されているわけではないのですが、機能不全ではないです。また投薬治療で脳の神経伝達物質を増やすことは可能なのですが、バランスが崩...

ADDとADHDは混同されやすい発達障害脳の構造の違いによって現れる問題であり、両者とも遺伝的な要素によって生じます。また脳の構造が一般の方とは違い、ワーキングメモリのスキルが低いといった特徴はADDとADHD共に同じであり、障害の症状がそれぞれ違っている点以外に目立つ差異は認められません。人気漫画ドラえもんに登場するドジっ子の少年のび太くんですが、彼は丁度ADDの特性を具現化したようなキャラクタ...

ADDは遺伝要因が多いのかADDの直接的な原因は、脳内の神経伝達物質の過不足と言われています。これは通常時は脳内の神経伝達物質が不足しているが、興奮したり、自分の関心のあることをやったときには分泌が多くなります。その落差が大きいためにこのような現象が起こります。そして、それは遺伝で決まる部分が多いです。64%程度が遺伝と言われますが、実際は明確なところは判明していません。そして、対処法として投薬治...

ADDの原因の一つとして、妊娠時の母親の周産期脳障害があげられるADDは注意血管障害といって、注意力や先を見越す力、物事の判断の欠落などがみられる症状です。これは幼児期から見られる症状で、ルールを守れなかったり、持続性がなかったり、協調性に欠けていたり、集中力が続かないなどがあります。幼少期は成長の度合いがそれぞれ違うので、見過ごしてしまわれがちですが、集団生活を始めるとその症状が顕著に目立ってく...

ADDは事故でなるのか基本的にADDは生まれつきの脳の神経伝達物質の過不足が原因なので、脳にダメージを受けてなることはあまりないです。しかし、たまたま同じような症状になることはなくはないでしょう。脳の神経伝達物質が低下するとADDのボーっとしたような感じになりえますが、逆に集中して活性化する症状を得るのはなかなか難しいはずです。しかし、現実には頭を打ったことがきっかけで写真記憶ができるようになった...

根本的な原因は解明されていない発達障害発達障害の一つに区分されるADDですが、最近日本人の間で急増しています。その原因は未だに特定されておらず、農薬や化学物質を大量に含んだ食事を妊婦が続けていたため、発達障害の児童が増加したとする説もありますし、また元々日本人のDNAにはADDの要素があり、それが何かしらのきっかけで再び表面化し始めている、との説もあります。ただし、専門家の間では遺伝が大きな要素を...

ADDの原因はなにかADDの原因は一言でいうと、脳内の神経基盤の不足です。厳密には不足だけでなく、特定の条件下で異常に分泌することもあります。その落差が落ち着きのなさやボーっとした状態を作り出します。中でも特にドーパミンの作用は重要で、これが不足するとボーっとした状態になり、多すぎるとテンションが上がり過ぎた状態になります。興奮状態とそうでない状態の落差が大きいから症状が起こります。興奮の作用は刺...

母親の食品添加物や遺伝子組み換え食品の摂取により、胎児の脳の神経系に影響を与える場合があるADDは注意血管障害といって、神経疾患の一つで小さな頃から症状がみられます。落ち着きがなく、協調性にとぼしく、注意欠陥や多動など集団行動をするのに困難なことが多いです。それにより、本人の負担や周りのストレスの原因となってしまうこともあります。子どもは様々な個性を持ちながら成長していくものですが、普段の生活の中...

うっかりミスがふえる原因ADDの人は、集中力が持続しにくく、忘れ物や遅刻が多い、うっかりミスが多い、片づけができないといった特徴があります。そのため、周囲の人からの信用を失って孤立したり、仕事で失敗を繰り返して叱責を受けて、自信を喪失してしまうということがあります。本人はだらしない性格でも怠けているわけでもなく、どうにかしたいという気持ちがありますが、集中力を持続させることがうまくできません。しか...

セロトニン、ドーパミンとは?大まかに言うとセロトニンは脳全体の調整機能を司る。ドーパミンは快感などを司る、やる気物質だと言われています。ADDに限らず、うつや統合失調などとも関わりの深い物質で、言われており、どんな病名がついているにしろ注意などの認識する機能になんらかの問題がある方は、これらの脳内物質が問題のない方に比べて少ないという研究報告があります。ドーパミンなどの快感物質はアドレナリン(行為...

ADDとは、長く集中していられない、不注意や衝動性の症状がある子どもの頃は落ち着きがないことなどくらいで目立つことはなくても、大人になって仕事をするような環境になるとその症状が日常生活に大きな影響を起こしてしまうことが多くなります。予定を詰め込みすぎて最終的に処理できない、整理整頓ができずにものを無くしやすい、金銭管理スケジュール管理ができないなどで、職場や家庭、交友関係において様々な不具合を生じ...

原因はずばり、脳にあった!?ADDは病気ではなく、生まれ持った障害です。病気ではないため完治することはありません。なぜADDの当事者が日常生活で困難を感じるのか、その原因のひとつとして挙げられるのが、脳内の神経伝達物質が不足していることです。通常では、ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が、集中力ややる気を起こし、脳の活動を高める役割を果たしています。しかし、ADDの場合は神経伝達物質の...

ADDの症状についてADDとは注意欠落障害と呼ばれる先天性の脳機能障害が原因である症状のことで、幼少期からその症状がみられます。特徴として、整理整頓ができない、気分にむらがある、予定を詰め込みすぎる、物を無くす、金銭管理ができないなどという症状が多く、いわゆる空気を読めないというような状況になりがちです。日常生活や仕事に影響を及ぼしてしまうこともすくなくないことで周囲の人に迷惑をかけてしまったり、...

お母さんが胎児の脳に与える影響ADDの原因の一つとして、妊娠時の周産期脳障害が挙げられています。つまりお腹の中に赤ちゃんがいる時に、何らかの影響で胎児の脳に障害を与えてしまうことです。例えば飲酒や喫煙、食品添加物の過剰摂取や環境汚染によって胎児にそれらの成分が届けられてしまうと、子どもの脳が正常に発達しないことがあります。胎児が脳の神経系を作り出す細胞分裂を行う時期にこれらの化学物質が作用してしま...

母親の食生活が子供の脳に影響するADDは前頭葉の機能不全で、神経伝達物質の代謝不良によって生じます。遺伝が全ての原因というわけではありませんが、食品添加物や遺伝子組み換え食品を妊娠中に摂取することで、お腹の中の胎児の成長に影響が出る可能性があります。胎児は母親の子宮内で細胞分裂を繰り返していて、その時にこれらの成分が影響してくると、脳の神経系に障害が出る可能性があります。食品添加物や遺伝子組み換え...

スポンサーリンク