ADDと恋愛・結婚

ADDと恋愛・結婚について

スポンサーリンク

ADDと恋愛・結婚についての記事一覧になります。

ADDと恋愛・結婚記事一覧

結婚後にわかる困難ADDの人が生活する上でいかにトラブルが起こりやすいかは、結婚してみてからわかってきます。結婚前は相手の良い面ばかりに気を取られやすく、トラブルが起きやすい側面に対する理解はあまりできていない傾向にあるからです。結婚後に現実の姿が見えることは誰でもあることですが、ADDの場合は、その落差は大きいようです。ADDの人の独創性やチャレンジ精神などに対して、一緒に生活していて喜びを感じ...

夫の苦しみを聞き、受け入れ、共感するADDの夫は、職場で注意が散漫なことから失敗をして、周囲に迷惑をかけたり、落ち込んだりすることを繰り返している可能性があります。転職を繰り返している場合もあり、一緒に生活する妻としては、腹が立ったり悲しくなったりすることの繰り返しかもしれません。妻からすると、普段一緒に生活し振り回されているので、気持ちを受け入れることなど到底できないと思うかもしれません。しかし...

妻になるまで、発達障害の症状が指摘されない人々も女性のADDは男性に比べて症状が表面化し難く、また多動性や衝動的な行動が無いため、男性のように学生時代までに保護者や教師がその体質に気づき、適切なコーチングをする、といった機会を得づらいです。そのため、本人さえも完全に自分自身がADDだと自覚せず、二十歳になり、社会人として就職、そして職場結婚で寿退社して妻になる、というごく一般的なライフスタイルを歩...

高望みをしない傾向にあるADDの人は、世間的に見て一般的にダメ男、ダメ女といわれるような人と恋愛をする傾向があるという特徴があります。なぜならば、ADDの人はどちらかというと、自己評価が低いケースが多く、恋愛をする相手に関しても自分と同程度の人をパートナーとして選ぶ傾向にあるからです。自分で付き合える範囲を自分で限定してしまっているので、自分にふさわしくない相手であっても妥協して付き合うということ...

恋愛、失恋を引きずるADD患者が多い恋愛はなかなか思うようにならないものなので時には気晴らしをしたり、深刻に考えないでやり過ごしたりする時期を作ったりしますが ADDを患っている方にとっては辛いことが多いようです。なぜならまじめな性格の方が多く一所懸命すぎるからです。良い結果を想定してまっしぐらに進んでしまいます。相手があることなので双方の気持ちや置かれている環境などの確認作業がなかなかうまくいき...

ADDの恋愛の特徴ADD(注意欠陥障害)は、脳の機能が何らかの欠損によって、通常レベルを維持できない状態となっています。特徴としては、緻密な作業が苦手であったり、物事を継続的に持続出来ない等が挙げられます。特に物忘れや物を紛失するなど、実生活で支障を来すことが多く、社会人としての生活が困難になる傾向があります。また、一般の人よりも注意力がないため、人とのコミュニケーションが出来にくいという側面もあ...

スポンサーリンク