ADDに関する豆知識

ADDに関する豆知識について

スポンサーリンク

ADDに関する豆知識についての記事一覧になります。

ADDに関する豆知識記事一覧

ADDである子の人数ADDはADHDのうち不注意優先型のタイプになります。世界規模で行われた調査では、小学校から中学校までの子供において3から7%が該当すると言う結果が出ています。文部科学省による全国調査でも約3%がADHDである疑いがあるとされています。3%、すなわち0.03と言う数値は100人に3人の割合であり、ひとクラスに1名程度疑わしい子がいることになります。そのうちADDである子は、もう...

ADDの特性を抱える社会人は常に肩身の狭い生活を強いられているまだまだ発達障害への誤解は多く、迂闊にカミングアウトすると、現実問題としては周囲の人間からは奇異の目で見られる恐れが高いです。また過去には発達障害は犯罪率が高い等と誤った言説がマスコミで普通に流されていた事もあり、ADDの人々は職場や友人関係の輪の中で冷遇されやすい傾向があります。ただ、近頃では良いニュースもあり、有名人の人々少数ではあ...

ADDの人は多いADDはクラスに2〜3人位の割合でいると言われており、病気というには無理があるほどの割合です。そしてその症状の出方と程度は人それぞれで、一概には言えません。このADDの判定基準なのですが、実ははっきりはしておらず、医師とのカウンセリングで、本人が困っているならばその判定を受けるに近いものがあります。いくつかの質問項目が定められており、それへの返答はもちろん自己申告のようなものです。...

ADDはなにを持って判断されるのかADDの判定は現在はカウンセリングです。脳波や脳の神経伝達物質を見て判断できれば良いのですが、現状はいつのタイミングでどれだけ脳の神経伝達物質が分泌されているかを測ったりすることは不可能です。そのため自己申告制のカウンセリングでしか判定できないのです。いろいろな情報が錯綜していますが、現状はこのようなものです。そして、このADDの基準は明確なものではないです。強い...

注意欠陥とはADDはADHDから多動性の症状を抜いたようなものです。注意欠陥だけがあるので、整理整頓ができなかったり、物事を順序立てて考えるのが苦手だったりします。またなくしものが多かったり、周囲に合わせるのが苦手だったりします。このようなことからADDやADHDの人は勉強やスポーツも苦手と思われがちですが、それは違います。一概には言えないのですが、人よりも自分の関心のあることに集中する能力は高か...

スポンサーリンク