ADDと関係のある病気・障害

ADDと関係のある病気・障害について

スポンサーリンク

ADDと関係のある病気・障害についての記事一覧になります。

ADDと関係のある病気・障害記事一覧

対人関係の違い対人関係については、ADDの人の特徴としては、注意力が弱い部分がありますから、遅刻やミスなどで人を怒らせてしまうということはありますが、他人の気持ちを汲むことができるので、良好な人間関係が築けないというわけではありません。一方、アスペルガーの人の特徴としては、他の人の気持ちを読み取ることが苦手なため、ADDの人と比べると人間関係で苦労することが多いと考えられます。対人関係には会話が必...

ADDの人々の特性を一言でまとめると生まれつき非常に不注意な性格また集中力が平均的なレベルよりも低く、思った事を即座に発言、行動に移してしまう等の特徴もあります。それらの特徴を改めて確認すれば分かる通り、ADDとは世間一般で語られている程、重い問題ではありません。今では診断を受ける大人が急増しているため、発達障害者もまた急増しているように思われますが、いわゆる一昔前か「天然系」や「ドジっ子」等、そ...

ADDと依存症ADDの人は依存症になりやすい傾向にあります。その理由は二つあって、脳内の神経伝達物質の問題と過集中の問題です。まず脳内の神経伝達物質とはドーパミンやセロトニンですが、これらの通常時の分泌量が少ない場合が多いです。そして薬物依存やアルコール中毒になりやすいのは、これらのものを使用した際に普通の人よりも覚醒の格差が大きいからです。そのため、より快感を感じることになります。また過集中に関...

肺炎は未だに日本人の多くが苦しめられている病気医学と科学が発展した今日においても、発症しやすい病気であり、老若男女問わず感染します。また体力が弱っている方、生まれつき免疫力が低い方、高齢の方は特に命に掛かるレベルまで重症化しやすく、肺炎を楽観視するのは少々危険です。早期発見と早期治療が大事であり、身体に違和感を覚えた時は直ちに専門家の判断を仰ぎましょう。そして、ADDの人々は感染症を患いやすい、と...

ADDはさらなる精神トラブルを引き起こす可能性があるADDは単純に注意力散漫であったり、過集中のあるものなのですが、ここから別の二次障害や精神疾患に結びつく可能性が高いです。これは、脳の機能上そうなっているという話ではなく、自分の特性をうまくコントロールしきれていないせいで、精神的に病んでしまうという状況です。仕事などで忙しくなったときに特にこのような状況が多いです。ADDの人は集中できる対象にム...

ADDと睡眠障害ADDは脳内の神経伝達物質の分泌サイクルが人と異なることによって起こります。基本的には通常時は分泌量が不足していてボーっとしているように周囲からは見えます。しかし、逆に活性化する場合もあります。特定のことをしたときの分泌量が人よりも多いため、覚醒したような状態になりがちです。これが原因で興奮状態が収まらず睡眠障害を引き起こす可能性もあるのです。しかし、これはコントロール可能です。脳...

先天性の発達障害だが、本人の自覚と努力によってその症状は上手くコントロール出来るただ、注意力や集中力自体が努力で劇的に改善する事はありません。メモの取り方を工夫したり、スマートフォンのアプリやスケジュール手帳を使う、パソコンやアラームを活用して厳格に締め切りを守る等、対症療法的なアプローチで、ADDの厄介な面は治り、社会人として一般的なライフスタイルと労働環境に適応する事は十分可能です。ただ、本人...

ADDの人々は不安障害を併発しやすい問題があるADDの男女は生まれつきのうっかり者であり、また落ち着きが無かったり、勉強や仕事が不得手だったりと、色々な欠点を本人は抱えてますが、それ自体が世の中に迷惑をかける事はとても稀です。むしろ、ADDの人々の方が、その個性的な言動の結果として、いわゆるいじめのターゲットにされやすいです。直接的に殴る蹴るの暴行を受けるケースは少数であり、どちらかと言うと発達障...

ADDの辛さは発達障害自体の問題よりも二次障害にある注意力や集中力が普通の男女よりも低い、それがADDの人々の劣等感となります。ただ、運良く発達障害に理解がある人々の輪で暮らす事が出来れば、ADDの人々も健やかに一般的なライフスタイルを歩んでいけます。発達障害者は社会人として普通に生きる事さえ難しい、といった意見がありますが、それはあまりにも極論です。実際に注意力や集中力に劣等感を覚えながらもごく...

ADDからうつ病になる原因大人がADDになった場合、特に懸念されるのが二次障害としてうつ病が発症することです。うつ病になる原因は様々ですが、特に仕事上での失敗や対人関係が原因となることが多いです。ADDの人は、注意力が散漫で業務上の大きなミスを繰り返し起こしてしまったり、相手の言いたいことが分からず誤って解釈したり空気が読めずに場にそぐわない行動をして、上司や同僚との関係が悪化したり自信を失う体験...

二次障害でPTSDとは?例えば、事故か何かで麻痺が残ったとしましょう。この場合麻痺は基礎疾患とか一次障害とか呼ばれます。これが原因で自信を無くしうつになったとします。このうつに当たるのが二次障害というものです。PTSDは日本語にすると、外傷性ストレス障害のことです。いわゆるトラウマと言われるものと考えれば良いでしょう。何かしらの強いストレスやショックにより、心に傷を受けた状態をさします。心に傷とは...

ADDと境界性パーソナリティ障害は似ている?ADDに限らず発達障害群はパーソナリティ障害と重なる部分が非常に多くあります。特に境界性パーソナリティ障害はボーダーラインとも言われ、感情の振れ幅が激しく、その感情の波に周囲の人間をも巻き込んでしまう傾向がとても強いものです。そのため、もともとの性格が激しい方が注意欠陥などの発達障害的特性から周囲からそのように見えてしまう場合も少なくありません。かと思え...

スポンサーリンク