ADDの症状・特徴

ADDの症状・特徴について

スポンサーリンク

ADDの症状・特徴についての記事一覧になります。

ADDの症状・特徴記事一覧

子供のADDは特定が難しく、発達障害のリスクの発見が遅れやすいです何しろADDの特徴と幼少期の子供たちの性質は非常に重なり合う部分が多く、プロではない保護者や担任教諭はもちろんのこと、専門家である医師も判断に苦慮する事が少なくありません。例えば、ADDの特徴として挙げられるのが、喜怒哀楽が非常にはっきりしている点です。丁度その特徴は小学生の性質と類似しており、その年代の児童は些細な事で爆笑したり、...

大人になってから明らかになる、4つの症状発達障害と聞くと子どもの問題のように思われがちです。しかし、大人になってから明らかになり、生きづらさを感じるようになるというパターンも多く存在します。見た目ではわかりづらく、日本ではまだ概念が浸透していないこともあって、誤解やトラブルを生んでしまう傾向があります。もし自身が大人のADDかもしれないと感じたとき、悩みや困難を明らかにするためにチェックしておきた...

ADDは代表的な発達障害ですただ、医療分野では有名なものだったとしても、世間の人々の認知度はまだまだお世辞にも高いとは言えません。高齢者や一部の保護者の間において発達障害への誤解は根強いです。環境破壊の影響、親の躾が悪かったため、学校の教師の指導力不足、食事に含まれる特定の栄養素等が、発達障害を後天的に生み出すと本気で信じている人々は世間に非常に多いですし、それらを講演会やネットで主張する識者の人...

ADDを抱える人々は基本的に片付けできない性質を持っています整理整頓が不得手、自宅が散らかりやすい、今ではこういった事項がADDの一般的な特徴とも言われています。実際にADDの男女の部屋は物が散乱している事が多く、飲みかけのペットボトルが布団の側に置いていたり、食べかけのクッキーが本のすぐ隣に放置されている、何日も置いていたと思われる汚れた洗濯物が散らかっている等、一般人の整理整頓が苦手、というレ...

ADDについての誤解Attention-Deficit DisorderがADDの正式な呼び方です。日本語にすると注意欠陥障害になります。物事に対して気をつけることができない欠点があるという感じです。心や脳の病気ではなく相対的に注意力が弱い状態にあるという方のことです。物事に対して集中する時間にムラがあるので、移り気に見られることが多く最後までやり遂げられない中途半端な人間とみられてしまいます。誰...

ストレス耐性ADDの人の人間関係の特徴としては、人間関係に対して、不安感や緊張感を抱きやすく、対人不安があり、自分の家族や親友などに依存してしまう傾向があります。このような依存傾向の原因としては、ADDのもつストレス耐性の低さが考えられます。ストレス耐性が低いと、ちょっとしたことでストレスやフラストレーションを抱えやすく、不安を感じやすいということがいえます。また、自立した行動をすることが難しい原...

ADDには不注意優勢型など大きく3種類に分けられていますADDとは注意欠陥障害のこと。気持ちの持ちようなどでどうにかなることはなく、前頭大脳皮質や小脳の活動が低下することによって感情が抑えられない場合や不注意などの症状がでる先天的な障害のことです。不注意優勢型と他動型、そして衝動型に分けられていて不注意優勢型は細かいミスが多い、一つの作業に集中し続けるのが難しくその作業がつまらない場合には数分後に...

ADDの幼児の特徴1ADDの幼児は人の話を聞くのが苦手です。耳では一応聞いてはいます。しかし、人の話に集中する事が苦手なので、話以外に気がそれてしまいます。一見人の話を聞いていないのではないかとも思う場合もあります。話相手の会話以外にも、話相手の様子を見ていたり、横のテレビの音や冷暖房の風等に気がそれている場合もあります。また、気がそれてしまう傾向にあるので、会話の内容を正確に認識するのが苦手です...

ADD患者の特徴とはADD、注意欠陥障害は「障害」という文字が付いていることもあってネガティブなイメージを持たれがちですが、実際にはポジティブな側面を有しているということも研究の中で明らかになっています。特に長所としてよく取り上げられるのが、通常の人と比べてアイディアを生み出す力が強いこと、直観力に優れていること、創造力が優れていることなどの点です。もちろんこうした点はあくまでも一面であり、注意力...

ADDは気がつくことが困難ADDは、注意欠陥障害という症状のことを言います。相対的に注意力が低く、社会生活に影響を与えるほどの頻度で発症します。幼少期は落ち着きがなく、あきやすいことから怒られることが多い生活を続けることが多い傾向にあります。しっかりとした診断が下せるものではなく、状況からADDであることを判定することしかできません。そのため自覚することが難しく、親が気がついてあげることも困難です...

早期診断と治療が功を奏した栗原類ADD(注意欠陥障害)であることを告白している人の中には、有名人も多くいます。比較的に芸能人の中に多く存在しており、その一人がテレビでも活躍するファッションモデルの栗原類です。イギリス人の父と日本人の母を持つハーフで、「メンズノンノ」や「ポパイ」などの男性ファッション誌で注目されたのが初めです。現在は「ネガティブなイケメンモデル」として、テレビのバラエティ番組などで...

ADDを悪化させる睡眠障害ADD(注意欠陥障害)において、集中力を持続させる事は大変なことです。無意識に注意力が散漫になってしまうので、自分の意志ではどうにもならない面があります。それでも、ADDの症状を悪化させる要因の一つが睡眠不足にあることが、最近の研究で分かってきました。また、ADD自体が睡眠障害になりやすい面もあると言えます。現在、この病状は研究段階にあるので、ハッキリとした解決策は分かっ...

ADDの人々は、普通の人々とは若干違う話し方をする事が多いです障害の性質上、記憶力や論理的な話の組み立てが苦手であり、いわゆる話題が飛びやすい点が目立ちます。先ほどまでは世間話をしていたと思ったら、急に恋愛や経済の話、社会問題の話に飛び、更にそこから芸能ニュースや明日のスケジュールへと普通にジャンプしていきます。ADDの当事者は色々な分野に話がジャンプしても、それが自然の話し方だと思っています。む...

ADDの特徴と二次障害ADDとは注意欠陥障害と言われており、発達障害の一つです。一つの事に集中する事ができない障害です。そのため生活していくなかで様々な弊害が出てきます。通勤していても他の事に関心が移るため遅刻をする場合があります。しかし興味のあることに対しては天才的な才能を発揮する場合もあります。そのような才能を伸ばしていく事も大切なことになります。他人の評価を気にするため二次障害としてうつ病を...

世間的に混同されているADDとADHD発達障害に関するニュースがようやく日本国内でも報じられる時代になりました。昔から発達障害を抱える成人や子供たちが一定数いましたが、いわゆる先天性の障害とは認められず、単に本人の努力不足だと一方的に親や他人から批判される時代が長く続いていました。今では有名人の方がメディアで発達障害だとカミングアウトする事も増えてきており、その理解は随分と広がっています。ただ、両...

ADDは比較的知名度が高い発達障害の一種ではありますが誤解も多いしかし、世間の人々の間では他の発達障害と混同されやすく、正しい症状の理解が浸透しているとはとても言えない状況です。元々日本では発達障害が先天的なハンディキャップとはみなされていなかった時期が長く、今でもADDの本人を目の前にして、本人の努力不足や親の躾が悪かったのが原因だと叱責する人々も多いです。その発達障害の症状を知る事で、周囲の人...

ADDの人が遅刻や忘れ物をしてしまう理由ADDの人が遅刻や忘れ物が多い理由は、脳が活性化していないためです。脳が活性化というと頭が悪いような感じがしますが、そういうわけではないです。脳内の神経伝達物質が十分に分泌されていないのです。そのため、何もない状況では脳が寝ているような状況になりがちなのです。しかし、活性化できないというわけではないです。むしろ逆に特定のことに対して普通の人よりも強く反応する...

ADDの特性正確にはADHDが気が散ることや衝動性が高いです。ADDはADHDから衝動性などを外した感じです。衝動的に動く理由は脳がぼーっとしてつまらないから動くことで脳を活性化しているような状況です。そしてADDはこの肉体的な衝動性は抑えられた状態です。そのかわり、思考の衝動性はあるので、いろいろなことを考えたり、想像が飛んだりで日常の生活に支障が出ることも多いです。要するに飽きっぽく興味のない...

ADDにとっての刺激とはADDの人の脳は日ごろは寝ているに近い状態で、自分の興味のあることに対しては急に脳が活性化します。これは脳の神経伝達物質がそうさせているのです。そのため投薬治療で脳の神経伝達物質をコントロールしていくことも可能なのですが、基本的には自力でコントロールしていった方が良いでしょう。それは、単に薬が難しいというだけでなく、ADDの特性を前向きに活かせるからでもあり、そもそも単なる...

ADDの欠点ADDは知能には問題がない場合が多いのですが、思考に問題がある場合が多いです。これもうまく活用すれば強みを伸ばしていくことが可能ですが、最初はなかなかにトラブルも多いです。その一つが手順を支持されても理解できなかったり、逆に人に手順の指示をするのが下手だったりします。これは脳内の神経伝達物質が関係しており、通常時の分泌量が少ないが、活性した際には特に多く分泌されるためです。要するに自分...

ADDの原因ADDの原因は、脳内の神経伝達物質の不足です。ぼーっとしているために、物をなくしたりそそっかしいことをしたりします。また人の話を聞かないことが多いのもぼーっとしていて、脳が活性化しきれていないからです。また空気を読むのが苦手なのも、普通の人が周囲に対して気を配っているところに対して脳が働いていないからです。そして、その状態で話していれば当然失言も増えがちです。しかし、逆に依存症にはなり...

ADDの障害ADDは発達障害と認定されていますが、これは特性というに近いものがあります。明確な診断基準はありませんし、あくまでもカウンセリングによって傾向を分析しているような感じです。そして、その傾向のある人の過去のデータから、解決策を導く手助けを行うことが診断の目的です。そして、これらを克服することができれば過集中の性質を活かして、優れた才能を発揮することができます。もちろん過集中は良い方向にも...

ADDの特性ADDは行動性と思考面ともに落差が激しいところがあります。ボーっとしていると思ったら急に活発になったり、話していておとなしいと思ったら急に話し始めたりといったことが多々あります。また不注意で忘れ物、なくしものが多いです。この原因は脳の神経伝達物質が不安定で少なく、それを活性化させようと何かをするからです。この何かというのは想像であったり、具体的な行動であったりします。そのため、放ってお...

ADDの子ども、大人子どもと大人で違いがあるのかという話ですが、それは普通の人と同じようにあります。ADDの特性が小さいうちは体の動きとして出やすいです。たとえば授業中に動き回ったり、授業を集中して聞かないなどです。これは普通の人にもあるはずですが、特にADDの人の方がひどいです。知的障害を疑われるケースもあるのですが、勉強自体はできる場合もあれば、丸ごとできない知的障害タイプもいます。そして、大...

ADDの女性の特徴ADDの特徴は注意力散漫でぼーっとしていることですが、これは女性でも同じです。ぱっと見はぼーっとしているように見えるのですが、実際もぼーっとしています。しかし、思考の多動性と言って、思考があちこち飛んで想像力豊かという特性も実はあります。これは脳の神経伝達物質の問題が大きく、通常時の分泌量が少ないことがぼーっとしている原因です。しかし、無意識にしろ意識的にしろ、この分泌量の少ない...

ADDの疑いがあれば早めに診察をADDとは注意欠陥障害のことで、幼児期からその兆候はみられます。症状としては、我慢がききにくくそわそわしている、一つのことに長時間集中できない、会話が成立しない、片付けが出来ない、先のことを考えて行動できない、感情のコントロールができないなどです。幼稚園に行くようになると、集団行動により仲間との関係性を持つようになるので、その症状は顕著にみえてきます。協調性がないの...

ADDはまだまだ研究が進んでいない分野であり、その原因も諸説ありただ、発見当初と比較すれば随分と原因と対策が解明されました。要するにADDとはワーキングメモリの稼働する割合が一般の人々よりも少ない事で引き起こされる問題です。人の脳はリアルタイムで起きる様々な刺激を、上手く自動的に仕分ける機能を持っています。ワーキングメモリとは丁度、その仕分け作業を進める機能です。普通の人々は仕事を進める際、業務の...

ADDは早めの診断をADDは注意欠損障害といい、普段の生活の中での影響が出る症状です。この症状は小さな頃から出ます。小さな子どもは、純粋無垢でいろいろな事を計画的にすることが出来ないものですが、様々な経験の中から計画的に行動することや、協調性や身の回りのことなどができる力を培うものです。しかし、ADDの子どもはそれがいつまでたってもできないことで、集団生活に影響が出ます。そういった子は、興味のない...

ADDの欠陥は多いが、長期的な集中力を持っているADDとは、注意欠陥障害といい、前頭葉大脳皮質または、小脳の活動の活動が低下することで感情や行動に異常が現れる症状です。特徴としては、整理整頓が苦手、ミスが多い、ストレスに弱い、物をなくす、金銭の管理ができない、気分屋、不器用、計画や準備が苦手、最後までやる遂げるのが苦手、そわそわしている、おしゃべり、空気を読めないなどがあげられます。幼児の頃から周...

多くの日本人にとって、ADDとは聞き慣れない用語かもADDとは別名、注意欠陥障害とも呼ばれており、遺伝が主な要因で発生する発達障害です。別名の通り、注意力に問題がある発達障害であり、他人を話を正しく聞き取るのが苦手、集中力が短時間しか持たず勉強や仕事に支障をきたす恐れが高い、脳の働きがアンバランスなため情緒不安定になりやすい等の欠点を持っています。それらの症状から人間関係を上手く作る事が出来ない方...

ADDの人々は一般の男女よりも、非常にケアレスミスが多い普通の人々でも計算ミスや文書の誤字脱字、忘れ物をする事はあります。しかし、発達障害を抱えて暮らす人々は、それが本当に高い頻度で現れます。外出する度に傘をなくしてしまう、スマートフォンを会社に置き忘れる、時刻表を読み間違えて乗るべき電車をスルーしてしまう、手持ちのお金が少ない事を忘れてお店で大人買いをしてしまいレジでスタッフ方に迷惑をかけてしま...

長所は短所、短所は長所。人の性格には常に裏と表がある日本の国では真面目で暗記力に優れた人物が最高の評価を得ます。学歴至上主義社会は終わったと言われていますが、まだまだ東大生や京大生が各組織で重宝されていますし、雇用の現場でも彼らは優先的に採用されています。しかし、暗記力が極めて高い人物は既存の知識をインプットする術に長けている一方で情熱的な行動が苦手、更には創造力を働かして作業を進める事が不得意で...

ADDの主原因は専門家によって見解が分かれているただ昔は正論だと見られていた食品の影響、親の育て方の影響、本人の努力不足等、こういった後天的な要因によって、ADDが成人になってから急に現れる、という見方は既に専門家によって否定されています。自他共成人後、急に発達障害になってしまったと感じる事例は確かにあります。しかし、それはあくまで症状が目立たなかっただけに過ぎません。有り体に言えば、子供は皆AD...

ADDと時間概念ADDの人は脳の神経伝達物質の分泌に偏りがあります。通常時は分泌量が少ないのですが、特定の条件下では人よりも多く分泌されるため、高いパフォーマンスを発揮したりもします。良い方向に行けば寝るのも忘れて仕事などに打ち込むことも多いです。最近はワーカホリックと言って問題にもなっていますが、基本的には収入にも結び付くので良いことでしょう。そして、そのような感じなので睡眠時間の把握も苦手です...

障害自体よりも自責の念がADDの人々を苦しめる発達障害者すべてに該当する事柄ですが、生まれ持った障害そのものが生活の妨げになる機会は少ないです。例えば、ADDを抱える人々は普通の人々よりも、注意力が散漫になります。しかし、特段学力や行動力にハンディキャップを持っているわけではなく、限りなく健常者と同じ学び方、暮らし方が出来ます。ただ、注意力が常に平均レベルより低いため、学習効率が悪く、また部屋を片...

ADDの対人関係ADDの人は人に対するコミュニケーションや接し方がおかしくて誤解されがちです。人見知りかどうかなどは人によるのですが、相手の話を聞くのが苦手で一方的に自分の関心のある話をしてしまうことが多いです。コミュニケーション能力が高い低いは一概に言えませんが、基本的に一点に集中しがちなADDの人は会話でもその傾向があるのです。相手の気持ちがわからないというわけではなく、相手の立場で考えられな...

ADDの性質は生まれつき基本的にADDは脳の神経伝達物質の問題なので、生まれつきのものです。なので、初期症状というのは子供のときにその片鱗が見えるはずです。たとえば集中できないというのはその典型で、人の話に集中していなかったり、決められた時間に決められた場所に行くのができなかったりします。これは脳の構造上ぼーっとしていることが多く、自分の興味のあることにしか脳が活性化していない状態が問題です。人の...

ADDの人々はとにかく物を整理する事が苦手であり、実際に彼らの部屋は散らかっているゴミを出さないで自室に袋のまま、放置してしまっている人々も一部にいます。また片付けが性格的に不得手な人々が多く、一度使ったペンは机の上に置きっぱなし、日中着ていたTシャツを洗濯機には入れず、布団の上に放置したままにする等、健康と衛生面に問題を抱えやすい傾向が見られます。買い物の仕方も独特であり、生活に必要な物を買うと...

ADDと性質ADDの人は目についた自分の興味関心のあるものに集中してしまう傾向にあります。これはときに柔軟な発想や斬新なアイデアを生み出すこともあるのですが、マイナスに作用することも多いです。本人も今何をどこまでやったのかがわからなくなり、物理的にも思考的にもうまく片付けが出来ないのです。これは仕事などでもかなりマイナスの影響をもたらす可能性が高いでしょう。基本的に、決められたものを効率よく片付け...

最近にわかに注目を集めているのが大人の発達障害有名人の方がテレビ番組でカミングアウトした事もあり、また近頃では検査の技術が進み、国内でも気軽に大人の発達障害の診断が出来るようになりました。社会の中で生きづらさを強く感じている方の中には高い割合で、大人の発達障害の人々がいます。昔はADD等に苦しむ大人はいなかった等の指摘がありますが、そもそも経済的に豊かな互いに日本人が寛容だった時代だと、発達障害の...

発達障害の種類ADD意外にもアスペルガーや自閉症なども発達障害です。そして、これらの共通点は、具体的な線引きがあるわけではなく、そのような傾向を過去のデータから統計してそのようにカテゴライズしているということです。その目的は、現代社会の構造上これらの性質を持つ人が困る可能性が高く、それに対する効果的なアプローチを図っていくためです。これらの代表的な症状を持つ人は、脳の機能そのものが劣っているという...

ADDの人は無意識に自分の趣味に没頭する趣味に限らずADDの人は自分の関心事に没頭することが多いです。記憶力や思考力も自分の関心のあることに対しては高まります。それは、もともと脳内の神経伝達物質が不足していてぼーっとしているのですが、そこから活性化するサイクルができているためです。普段はボーっとしているけどのめり込むタイプということになります。この特性を自覚したうえでコントロールしていくと良いでし...

ADDと健常者で得意分野は違うのかそもそもADDは障害という認定は得ているものの、性質に近いです。ここからが具体的に障害だという基準もないですし、脳内の神経伝達物質の過不足が原因となっています。しかし、医師がそれを判断する基準は脳を見るのではなくあくまでカウンセリングです。なので、自分がそうだと思えば障害と認定されるし、そのような傾向を持っていたとしても本人が違うと言えば違うになります。傍から見て...

ADDの特性ADDは脳内の神経伝達物質の不足から起こると言われますが、それも相まって、人間関係に対するストレス耐性が低いケースが割と多いです。物事の切り分けが苦手というのもあるのですが、人から言われたことを真に受けたり、うまく受け流せなかったりしがちです。また普通の人なら相手に応じて少し接し方を変えてみたり、関係性に応じて話す内容を変えたりするのですが、そういったことが苦手な傾向にあります。そもそ...

ADDのトークADDの人は話に集中しすぎたり、まったく相手の話を聞いていなかったりの波が激しいです。しかし、普通の人でも話を聞くタイプとそうでないタイプ、よく話すタイプとそうでないタイプ、などがあるように、そういった傾向があるということです。そして、話題は自分が興味のあるもので、話し方は早口である場合が多いです。相手の立場で考えることがあまり得意でないため、自分の都合で一方的に話してしまうことが多...

ADDの会話の特徴ADDは人との会話で話し過ぎたり、人の話を聞かなかったりということがあります。そのため不規則な質問をしてしまったり、失言が多かったりします。この原因は、脳内の神経伝達物質の問題です。脳内の神経伝達物質が日常的に不足しており、そのせいで不注意になったり、不足を補うために過度に活発になったりします。これを防ぐためには意識的に気を付けるしかないでしょう。集中力にムラがあるので、自分の興...

ADDは周囲の人をイライラさせやすい傾向があるADDは、前頭葉の機能が通常の人のようにうまく働かないことで、日常生活で様々な失敗を起こしがちです。子どもの頃には忘れ物が多い、授業に集中できない、先のことを考えて行動できないなどということで面倒がかかる子、いう通りにしないできないなどで周りの大人から叱られることも少なくありません。そして子どもの世界の中でも浮いたような存在となりがちでいじめの対象とな...

人間関係でつまずきやすい理由ADDの人は、相手の気持ちを読み取るのが苦手で、共感性にかけ、失礼なことを言って相手を怒らせたり不快に思わせたりすることがよくあります。また忘れ物や遅刻が多いため、いい加減な人だと思われがちです。こういったことを繰り返すうちに、友人ができても長続きせず、周囲から浮くようになります。人間関係の拗れから職場で長続きせず、職を転々としているという人もいます。しかし周りの自分へ...

ADDを抱える方々は、決して怠け者というわけではないただ、基本的に日頃から注意散漫であり、やる気が湧かないと仕事や宿題に手をつけたい事が多いため、客観的にはそういった評価を受けやすいです。ADDの人々は良いも悪いもピンチにならないと、やる気のスイッチが入りづらいです。いわゆる夏休みの宿題を、8月31日まで放置してしまい、最後の一日にフルパワーで一気に片付けてしまう、ADDの男女は大抵そういったタイ...

ADDの人々の暮らしに忘れ物は日常茶飯事ADDの方々はケアレスミスが非常に多いです。ADDの症状は年齢を重ねる事でだんだん落ち着いていきます。ただ、根本的に注意力が散漫な体質が治る事は、残念ながらありません。自分流に忘れ物を無くさない方法を編み出す等して、どうにかケアレスミスを予防する対策を講じるしか、実は解決法がありません。特に元々普通の人々でも忘れやすい鍵やスマートフォンやお財布、この3つはA...

コミュニケーションがうまくいかない原因ADDの人はコミュニケーションが苦手な人が多いです。苦手となる原因は、根本はADDの特性にありますが、加えてその人のおかれている環境によって、余計にうまくいかない悪循環に陥っていく傾向にあります。ADDの人は、注意力の散漫さとコミュニケーションをうまくとることができない対人スキルの低さから、様々なトラブルが起きたり周りの人に不快な印象を与えてしまったりします。...

ADDの具体的な特徴は性別によって差が見られる全く同じ注意欠陥・多動性障害でも男女によって表面に出る行動と特徴には一定の違いがあります。女性のADDは世間一般的に判断し難いと言われています。多動性は男性に比べて殆ど表面化しません。また社会的要因なのか、それとも女性の本能がそうさせるのか、まだ未解明の部分がありますが、男性のADDのように衝動的な行動をしてしまったり、苛立ちから暴力を振るってしまう等...

具体的な不注意優勢型のADDの特徴とは?発達障害の具体的な特徴はなかなか一般の人々には伝わりにくい問題かもしれません。特に世間一般ではメディアのレベルでも、アスペルガー障害とADDが正しく区別されず、情報が混じったまま報じられている事が多いです。またADDも実際には複数の型、タイプがあり、それによって具体的な特徴は変わります。実際の不注意優勢型のADDの特徴ですが、端的に言えば非常に注意力が散漫で...

ADDの不注意優勢型の子どもはあの有名アニメキャラにそっくり国民的人気を誇るアニメ作品である「ドラえもん」の登場人物の一人、野比のび太君ですが、非常の彼の個性とADDの不注意優勢型の子供たちは似た特徴を持っています。実際に発達障害の研究をしている専門家の間では、不注意優勢型のADDの人々を俗称として「のび太君型」と呼ぶ事もあり、正式な医学用語ではありませんが、広く認知されています。ドジでおっちょこ...

ADDは大人になっても根本的に治らない発達障害者は経験を積み重ねていく事で、自分自身の欠点に気づき、社会生活を通して徐々にセルフマネジメントの技術を学んでいます。個人差はありますが、高校生から大学生の頃になれば、ADDの厄介な症状やそれによって引き起こされるトラブルは殆ど見られなくなります。ただし不注意優勢型の場合、根本的な原因が社会経験で治る事は無く、残念ながら常に人一倍、注意力を支払ったり、治...

ADDの中学生にみられる「不注意」の具体的症状ADDの特徴として「不注意」と「衝動性」がありますが、その中でも具体的にどんな症状が中学生に表れやすいのか挙げてみます。忘れ物が多い何かをやりかけのまま放ってしまう周囲に気をとられやすい(集中力がない)整理整頓が苦手ケガや事故が多い宿題を忘れてしまう、家の中や机の上がいつも散らかっている、授業中に集中できていない、やたらと転んだり何かにぶつかったりする...

劣等感の原因や症状ADHDの人は、大人になると二次障害として劣等感を感じやすくなる傾向にあります。幼い時期は、失敗を繰り返したり意思疎通がうまくできなかったりしても、子供だからと周囲が受け止めてくれることが多いです。一方、大人になり仕事をするようになると、職場でのADDの人の言動が、職場の信用や売り上げなど職場の重要な部分に影響を及ぼすことが多いため、厳しい指摘を受けやすくなります。厳しい指摘をさ...

人付き合いが苦手なADDの女性もいる全てのADDの人々が人付き合いに問題を抱えるわけではありませんが、一部に発達障害の特徴が原因で、上手く人間関係を構築出来ない方がいらっしゃいます。世間一般的に女性はコミュニケーション力が高く、基本的に誰とも上手く人付き合いが出来ると言われていますが、ADDの女性はしばしば短絡的な思考と言動が引き金となって、コミュニティの中で浮いてしまいます。人付き合いを円滑に進...

ADDでよくあるコミュニケーション不良会話をしていて何かかみ合わないなと違和感を感じることがADDの気づきに繋がる事があります。ADDの人は、会話をしていても自分のことにしか関心が無い場合が多く、相手の話を聞かずに自分の話ばかりしたり、相槌もうたずに話に被せて話し始めたりします。自分の話す順番を待つのが苦手で、自制が困難です。この傾向が強いと一方的にしゃべり続けることもあります。結論ありきではなく...

ADDの人々は不注意だと言われるが、実際はむしろ常に神経を使い続けている個人の気持ちとは関係なく、先天性のADD体質が、常に刺激に対して随時、反応をしてしまうためです。注意力が散漫で集中力に欠く、ADDの人々は常にこういった特徴を持っていると紹介されていますが、実は常に周囲に対して過剰反応し続けており、五感が常に休む事なくフル回転している結果、一般の方からみると落ち着きがなく、話を理解していない人...

物事を先延ばしにしてしまう原因ADDの人は時間間隔が乏しく、遅刻や段取りの悪さ、物事を先延ばしにする、長期的な計画を立てることが苦手などの特性があり、特に仕事上での問題は心理的に大きな負担が生じてきます。先延ばしにしてしまうのは、脳の働きが原因です。前頭葉のドーパミンやアドレナリンの脳内神経伝達物質が不足して前頭葉が正常に働かず、知識や経験に基づいて時間を判断し管理する機能が異常な働きをしたり、結...

覚えたばかりのことをよく忘れるならADDを疑おう記憶力や注意力には個人差があるとされています。しかし、極端に記憶力がなかったり、注意力が散漫な場合にはADDを疑うべきでしょう。一般の人の場合には、視覚や聴覚を通じて脳に入ってきた情報は、ワーキングメモリーに一時的に記憶されます。ごく短期間の間であれば、ワーキングメモリから情報を引き出して活用することができるのです。半永久的に覚えておくべき情報は、長...

ADDの特徴:集中するのが苦手ADD(注意欠陥障害)のよく知られる特徴にひとつに、「飽きっぽい・集中することが苦手」というものがあります。これは、何かをやっていても、すぐに別のことに気が取られてしまい、1つのことを続けられない状態です。具体的には、勉強をしていてもじっと机に向かっていられない、また家事をはじめても最後までやり遂げるのが難しいといったことがこれにあたります。話をしていても、すぐ別のこ...

多彩なアイディアが溢れるのはなぜ?ADDとは注意欠陥障害のことを言うのですが、言い換えると脳が多動を起こしているという状態になりますので、全てADHD(注意欠陥多動性障害)という表現にするべきだという意見もあるくらいです。つまり本来的には実行力が高い可能性があります。その脳の特徴で見ると 思考がポンポンと飛んで注意を一箇所に集中しづらいなどの特徴がありますが、これは裏返せば飛躍したアイディアをいく...

重ね着症候群とは?うつやパーソナリティ障害などの診断を受けてはいるものの、それに対しての適切な治療を行って全く改善せず、ともすれば悪化してしまうような事もあるケースで、実はその裏にADDなどの知的障害を伴わない発達障害が隠れている場合がある、というものです。この場合二次的な症状の治療をするよりも、その根本にある発達障害の治療をする方がはるかに回復に向かうというデータがあります。症状が精神疾患に分類...

ADDの人の家はなぜゴミ屋敷になってしまうのかADDの人は基本的に片付けが苦手です。集中力を持続することが必要な作業が苦手なことに加え、ちょっとしたことで注意がそれやすいため片付けの途中でも他のことを始めてしまったりします。また、物事を先伸ばしにしてしまったり、優先順位を考えることができなかったり、時間管理が苦手という特徴もありますので、計画的に片付けや掃除をすることが難しい傾向にあります。何を棄...

ADDの人々は個性的な脳を持っているいわゆる普通の人々の脳は、ワーキングメモリが常に正しく稼働しています。そのため、多少の好き嫌いはあったとしても、基本的に学校の授業はバランス良く学ぶ事が出来ます。一方でADDの学生は知能自体には全く問題はありませんが、脳の構造として、苦手な科目の理解力が非常に落ちてしまいます。ただ、教師の目からすると、ADDの学生は得意な科目についてはむしろ一般的な学生以上に高...

自己愛性人格障害に似ている?自己正当化型ADDは、周囲の意見を認めなかったり、自分の価値観が全てだと思い込んだり、周りの考えを想像できなかったりと、とにかく自分を正当化しようとするのが特徴です。自分の価値観以外の考え方が存在することを想像することができないので、周りと衝突しやすいです。普通のADDと違い、モラハラやパワハラ、虐待などの加害者になることも多いです。これに似ているのが自己愛性人格障害で...

寛容さが減った事で、普通ではない人々は暮らしにくい時代へ社会全体の寛容さが明らかに昨今減ってきました。連日各メディアでは、誰かを追及するようなニュースばかりが報じられています。問題発言をする政治家、賛否両論の発言をする有名人の方々、こういった人々を批判する自由は確かに必要ですが、明らかに最近の世の中は、言葉尻を取った追及の方法が多く、いわゆる少しでも和を乱すのような事をすれば即、不特定多数の人々か...

脳の構造と派手な服装の関連性ADDの傾向がみられる人の脳は、そうでない人に比べて神経伝達物質の分泌量が少ないと指摘されています。ドーパミンやノルアドレナリンなどの物質は、やる気や集中力のもととなる成分です。これらは主に、快感や幸福感を感じた際に活発に分泌されます。よって、もともと神経伝達物質が不足しているADDの当事者は、脳への刺激を得ることでより分泌を促そうとするといわれています。このことに関連...

ADDの特性を持つ子供は、食生活が悪化しがちなぜなら、食べられる物と食べられない物の差が激しいからです。もともとADDの特徴は好き嫌いがはっきりしすぎていることにあります。日常生活においてもやりたいことは人より集中してやります。反対にやりたくないことはみんながやっていてもやりません。健常者はある程度人に合わせてやりたくないことでもやってみるのですが、ADDの子供はそういうことがありません。みんなが...

怠け者と思われてしまうADDの症状ADDの主な症状は、忘れ物やケアレスミス、集中力が続かないなどがあげられます。本人は怠けているわけではなくても、周囲からはだらしない人と認識されてしまうことも多いでしょう。本当に怠けている人とADDの症状の違いは、本人の気持ちや考えの部分になってしまうため、他人にはその区別をするのは困難です。そのため幼少の頃から叱られたりいじめられたりなど、辛い経験をしている人も...

喫煙以外のストレス解消ADD(注意欠陥障害)の患者の多くは、幼少の頃から人とは異なった特徴をもっており、それが故に組織や学校に馴染めないケースが発生します。物を所定の位置に戻したり、持続的な作業が苦手なため、集団生活に上手く溶け込めず、浮いた存在になってしまうわけです。そして、社会人になると会社や上司の指示に従えないため、社会不適合者の烙印を押されることになります。それ故、ADDの患者は強いストレ...

料理は同時進行が多いADDなどの方は、よく料理を失敗しやすいという指摘があります。その理由は料理という作業に同時進行が多いということにつきます。病名そのものにもある通り注意が散らばってしまう症状なので、同時作業をしてしまうと、どれから手をつけていいのかわからない、ということもよく起こります。火を使いながら他に何かをするというような時に、火のことをすっかり忘れてしまって焦がしてしまうということも少な...

夜に目が冴えてしまうADDの人は睡眠のリズムがおかしくなっていて、夜に目が冴えて日中は激しい眠気に襲われることも少なくありません。いわゆる睡眠障害で、夜に脳が興奮状態になってしまうのでなかなか寝付けず、宵っ張りの朝寝坊型になりやすいです。夜十分眠れないので、日中は眠くて仕事や勉強に集中できなくて困ります。ADDは好きなことには集中して時間を忘れてしまうので、夜寝る前に好きな本を読み始めたり、プラモ...

我が子にADDの障害があると言われたら、嬉しい親はいない普通は「なんで障害があるの?」と落ち込み、自分を責めることもあります。しかし、この障害は、秀でた才能と表裏一体です。ADDの特性である過集中(集中しすぎる)により、自分の好きなことにはとことんのめり込みます。時には時間を忘れて、食べることも忘れて、好きなことをやっていることがあります。この状態は、いわゆる健常者には少ない傾向にあり、ADDの優...

スポンサーリンク