ADDの特徴に気づかれず、大人になってしまう

スポンサーリンク

ADDの若者が近年、急激に増加した?その理由と誤解

発達障害の若者が最近急増して来た、これは親の教育や食生活が劣化したためだ、という意見があります。

 

一見するともっともらしい正論に聞こえますが、それらは発達障害の原因とは全く無関係です。

 

先天性の脳の障害であり、周囲の大人は勿論、当然の本人の行いが誘発した病気ではありません。

 

また、急増して来た事実は確かにありますが、それは現実的にADDといった発達障害を抱える若者が増加したのではなく、クリニックの医師の診察レベルが上がった事によって、今までは単なる本人の努力不足と片付けられていたケースが、しっかりと表面化した事による変化です。

 

子供の頃はヤンチャな少年少女だと見なされ、診察が遅れやすい点があります

他の障害と比べてADDは良いも悪いも、少年時代は隠れやすい障害となります。

 

ADDの特徴である「注意力が散漫」や「宿題をよく忘れる」や「スケジュールを考えるのが苦手」や「物を定位置に片付けるのが不得手」といった特徴は、全て少しヤンチャな少年少女に当てはまる、言わば一般的な性質となります。

 

多動性障害が無いため、見た目には注意力や集中力にかける普通の問題視と映りやすく多くの大人が障害の発見をスルーしてしまうのが実情であり、本来であれば発達障害について知識を持つべき学校の教員も、正しい理解をしているとは言いづらいのが現状です。

 

周囲の大人が発達障害に関する知識を持っていない場合、診察を受けさせるというアプローチがなされませんので、当然、ADDを抱えた子どもたちはそのまま進学・就職の道を健常者として歩んでいきます。

 

その後、職場や学校にて、ADD特有の特徴が文字通り障害となり、適応出来ず、大人になってからうつ病患者や適応障害の患者としてメンタルクリックを利用し、そこで医師のカウンセリングの結果、生まれつき発達障害を抱えていた、という出来事が判明する事例が、近年急激に増加しています。

スポンサーリンク


更新履歴